リフォーム事例

家族の暮らしを考えたすっきりワンフロア

《依頼者》 広島市南区 H様邸 《築年数》 築23年 《家族構成》30代ご夫婦+お子様2人《工期》 約4か月

父母の愛着が残る都心の住まいで新しい暮らし

リフォームのきっかけ

ご両親の住み替えを機に、お父様が設計したというビルのワンフロアに家族で住むことになったH様。デザイン性に優れ思い出も愛着もあったのですが、小さなお子様もいるH様ご家族が快適に暮らすためにリフォームを考えました。

リフォームを終えて

祖父母の土地と父が建てた建物を受け継いでいく自覚を再確認したリフォームでした。木材をふんだんに使った提案、仕上がりに満足しています。工事中のトラブルにも迅速に対応していただき助かりました。

リフォーム物語

H様は、ご両親からこの家を引き継いだ際、入居前にご家族の暮らしを見直し、より生活しやすい家にリフォームしようと決めました。大きな間取り変更はありませんでしたが、家族4人がストレスなく暮らすために数々の工夫を凝らしました。家族が多くの時間を過ごすLDKは間仕切りになっていたカウンターをなくして広々とした空間に。入り口には多趣味の奥様専用スペースも確保できました。ご両親が住んでいた時に収納が少なくて困っていたため、リフォームでは大容量の収納を設けました。シューズクローク、パントリーにウォークインクローゼット、さらにはウッドデッキに出るためのステップ兼用で設けたベンチにも物が収まるようになっています。広いLDKを掃除するロボットにも専用の基地を設置。壁下に隠れてすっきりとしました。木のぬくもりを感じる空間にしたいというH様のご要望を受け、LDの壁面収納に山根木材のショールームに設置しているオリジナル収納をご提案。気に入っていただき、2か所に採用しました。玄関ホールの壁に並ぶウッドブロックは、毎年撮影している家族写真を飾るためのスペース。写真を外してもインテリアに見えるように配置を考えてあります。お父様のこだわったドーム型の天井やアールの壁は残しながらも、新しいご家族が暮らしやすい家へと変身しました。

山根木材のお悩み解決リフォーム提案

モノがあふれないように大容量の収納を設置

木のぬくもりがあふれる空間に

ご夫婦の好きなブルーがアクセント

間取り

間取りビフォアー
間取りアフター

一覧に戻る