リフォーム事例

歴史ある蔵

《依頼者》 広島市 H様邸 《築年数》 築160年 《家族構成》ご夫婦+お子様《工期》 約4か月

趣味を楽しむ空間

リフォームのきっかけ 

築160年の古民家に暮らしていたH様ご家族。母屋の建て替えを決めましたが、同じく築160年の蔵はリフォームして残すことにしました。

リフォームを終えて

すべてを新しいものにするのではなく、昔のものを利用して歴史も感じられる空間に大満足です。

リフォーム物語

新しくなった母屋で生活するH様ご夫婦の『趣味を楽しむ場』として蔵のリフォーム計画が始まりました。新しい家になっても当時の面影は残したいという思いから蔵の柱・梁、建具など使えるものはできる限り再利用しながら進めていきました。築年数も古いため木部に腐朽箇所も見られましたが修繕・補強を施し、これからも長く安心して過ごすことができます。1階はご主人様の趣味の絵を楽しむ空間に、2階は琉球畳を敷き、着物が趣味の奥様が着付けもできるような空間へと生まれ変わりました。

山根木材のお悩み解決リフォーム提案

趣のある柱や梁はそのままに

蔵の階段は狭いため、大きな荷物の搬出入は畳コーナーに設けた点検口から

間取り

間取りビフォアー
間取りアフター

一覧に戻る