リフォーム事例

一部共有型の二世帯住宅 広島市安佐南区W様

二世帯リフォーム 暮らしを楽しむリフォーム​

リフォームデータ
  • 住所  : 広島市安佐南区
  • 築年数 :30年
  • 家族構成:30代ご夫婦、ご両親
  • 工期  :6ヶ月

純和風を守り違和感なく融合した住まい

リフォーム物語

「両親の体の心配や、自然豊かな場所で暮らしたいという思いもあり、いずれは同居したいねって二人で話していました」というW様ご夫妻。
2010年9月ごろに奥様のご実家の二世帯リフォームを計画。十数社から資料を取り寄せてショールームや住宅展示場を巡り、リフォームのイメージを膨らませていきました。

そんな中、たまたま立ち寄った山根木材リモデリングの廿日市ショールームで運命の出会いが。新旧融合リフォームを見て、「これなら築30年の純和風の家 を、違和感なくリフォームできると確信しました」と奥様。感動冷めやまぬうちに、お父様にご相談。お二人のリフォームへの熱い思いがご両親の心を動かし、楽しいリフォームが始まりました。

「リビングに来たら誰かがおるのがええね。4人の生活は会話が増えて、楽しいばっかりです」と満面の笑みを浮かべるのはお父様。
共有するリビングには家族が集まりたくなる仕掛けがいっぱいです。

「座卓でくつろぎたい」というお父様の願いを受けて、リビングの床には浮造り加工の床材を採用。柔らかい感触で、寒い冬にも温かみが感じられます。
大きな窓から見える美しい田園風景は、ご家族の癒やしに。そして、リビングでくつろぐ家族と、家事をしながら対面できるアイランドキッチンにはカウンターテーブルもあり、おのずと会話が生まれます。そんなリビングで、夕食を一緒に食べるのがW様邸のルールです。

勤務時間によってはご家族に会えないご主人は、毎日のお風呂準備を担当。「いつも気持ち良く入らせてもらっています」と笑顔の皆さん。
家族一人一人が無理をせず、思い思いに過ごせるストレスの少ない暮らしが、お互いを思い合う優しい気持ちを生み出しています。

二世帯リフォーム 暮らしを楽しむリフォーム

山根木材のお悩み解決リフォーム提案

冬は震えるほど底冷えする浴室だった

昼間も照明が必要なほど暗いキッチンだった

区切られた暗い和室だった

間取り

間取りビフォアー
間取りアフター

一覧に戻る