リフォーム事例

夫婦二人で暮らすちょうどいい家 三次市Y様邸【施工動画配信中】

実家リフォーム 安心・安全リフォーム 暮らし・趣味・インテリアを楽しむリフォーム

リフォームデータ
  • 住所   : 三次市
  • 工事個所 : 玄関、LDK、トイレ、洗面脱衣室、浴室、和室、洋室 他
  • 築年数  : 約60年
  • 工事面積 : 約23.5坪
  • 工期   : 約2.5か月
  • 家族構成 : ご夫婦+ワンちゃん


ゆっくり過ごすコンパクトな暮らし

リフォームのきっかけ

もともとご両親が使っていた平屋の古民家。ご主人の退職を機に移住を考え、新築とリフォームの両方で検討。
傷んでいるところも多く、最初は建て替えを検討していたのですが、柱や梁がしっかりしていることと、小さいころから慣れ親しんだ家を残したいという思いもありリフォームをすることに。


リフォーム物語

築60年の古民家は、その地域と風景に馴染んだ、どこか懐かしい雰囲気の1LDKの家でした。Y様のご要望は部屋を増やしたいことと、建物性能の向上でした。また古いところも残しつつ、懐かしさのある家にしたいとのことでしたので、壁に隠れていた昔の鴨居を見せることに。この鴨居が部屋のアクセントとなり、薪ストーブとの相性もよく、とても感じのいい雰囲気を出すことができました。もともとあった和室を残したのは汎用性の高さと、庭を見ながらのんびりする時間を楽しむため。大勢の来客時にはリビングと合わせ広い空間にしたり、ご友人が泊まりに来れば客間になったりと、多様に使えるのが和室の魅力です。建物性能に関しては、冬の寒さや、夏の暑さに対応するよう、高性能の断熱材を使用。部屋の増設は、もともと土間で物置だった場所を活用して、最終的には2LDKSの夫婦二人でゆっくり過ごせるコンパクトな住まいに仕上げることができました。


リフォームを終えて(お客様の声)

リフォームして一番驚いたのは、朝の部屋の温度です。この辺は寒い地域で、朝のリビングは氷点下になることもあり、冬場は寒い思いをしていましたが、リフォーム後は朝の部屋の温度が10度以上あることにとても驚きました。リフォーム前はどんな家になるのだろうと不安もありましたが、理想の家に仕上がりとても満足しています。




\ 古民家リフォーム事例をもっと見る /


※山根木材の古民家再生 3つの強み



<関連記事>
実家リフォーム 安心・安全リフォーム 暮らし・趣味・インテリアを楽しむリフォーム



山根木材のお悩み解決リフォーム提案

隠れていた鴨居をアクセントに

天井はそのままで和室を一新

寒かった浴室洗面所を快適に

間取り

間取りビフォアー
間取りアフター

一覧に戻る