山根木材の無料建物診断

建物を無料で診断いたします。お気軽にお申し込みください。

山根木材のリフォームは、お客様のご要望をうかがい、現在のお住まいを検査・調査することから始まります。ご依頼の箇所だけでなく、外壁劣化、基礎の状態確認、耐震強度、シロアリによる腐食などの診断を無料で行い、現地調査報告書を作成。家の状況を数値データで可視化することで、「本当にリフォームが必要な箇所」をお客様に分かりやすくご確認いただいています。

山根木材の建物診断の流れ

  •  step1:お申込み 
  •  step2:診断士が建物確認 
  •  step3:報告書・診断書ご説明 

本当にリフォームが必要な箇所が分かる!
山根木材の無料建物診断を詳しく知る

人が治療の前に病院で問診を受けるように、リフォームにもまずは家の状態をチェックしておくことが必要です。その家の現状を正しく把握しておくことで、本当にリフォームが必要な箇所をしっかり見極め、ご家族の理想の暮らし空間を効率的に実現することが可能になります。
山根木材の無料建物診断は、専門の診断士がお客様の家に伺い、徹底した検査・調査を実施。今後のリフォーム計画の要となってくる現地調査報告書を作成し、さらに一級建築士による分析と考察を加えお客様に分かりやすくご説明します。

徹底した検査・調査
現地調査報告書

建物の確認・採寸

既存図面がない場合は部屋の大きさを計測させていただきます。既存図面がある場合は現状と図面の整合を確認します。※全体図をおこすときにはすべての部屋を確認させていただきます。ご協力お願いします。

  • 建物の確認・採寸
  • 建物の確認・採寸

既存設備の確認

・電気

電気容量が小さいとブレーカーの落ちる原因となります。電気設備を伴うリフォームには欠かせない確認事項となります。

電気

・ガス

ガスには都市ガスやLPG等の種類があります。キッチンや給湯器等のご提案をする際には、最適な商品を選択いたします。

ガス

・給水

水道の管径、上水道か井戸水であるかの確認をします。井戸水の場合、電気温水器が使えない場合もあります。

給水

・給湯器

機器がそのまま使用可能か判断します。2穴式追炊配管のものは、システムバスに対応できない等注意が必要です。

ガス

損傷・劣化確認

・基礎

S56年以前の基礎には鉄筋が入っていない(少ない)ものがあります。その場合、引張強度がない為クラック(亀裂)が入る事があります。このような場合は補修が必要です。

シュミットハンマー(写真右下)

基礎の高度・強度を調査する道具です。

基礎

・外壁

写真は「チョーキング」という現象です。この状態であれば防水性に問題があります。

外壁

・屋根

下から見難い屋根は、点検のみでもご依頼下さい。

屋根

省エネ

電力だけではなく、断熱や遮熱、気密性向上など”エネルギー全般”について診断書を作成し、専門家がアドバイスを行います。また、補助金などさまざまな疑問や要望をおうかがいします。

省エネ性能比較表

耐震診断書

現状の耐震強度と、補強(「一応倒壊しない=レベル1」での設定)についてのご説明を致します。

※必要耐力とは地震の時に作用する力

  • 総合診断書
  • 補強計画書

床下診断書

見えない床下については、写真や計器を用いて、分かりやすくご報告いたします。また、不具合(シロアリ被害・腐朽等)があった場合には対処方法等のご提案もいたします。

  • 点検報告書
  • 床下写真

建物を無料で診断いたします。お気軽にお申し込みください。