中古住宅の購入前に知っておくべき3つの事

中古住宅の購入前に知っておくべき3つの事

記事掲載日:

中古住宅の購入前に知っておくべきこと

これから中古住宅の購入を検討しようと思うけど、どんなことに気を付ければよいのかわからない、そんな不安を抱えている方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、購入前に知っておくべきことをまとめて、ご紹介させていただきます。


  ■■■ もくじ ■■■

1.中古住宅探しの注意点

2.内覧でのチェックポイント

3.売買契約においての重要なこと



1.中古住宅探しの注意点

まずは、中古住宅探しの注意しておくべき事について、解説していきます。

1.立地

まずは立地です。自分が住みたいエリアの周辺施設(学校、病院、スーパー等)や、通勤、通学で利用する最寄りの駅やバス停までの距離など、事前に調べておくと良いです。また、その地域が増改築がしやすい場所なのかどうか、購入を考えているエリアの用途地域を知っておくことも重要です。(防火地域や準防火地域での大掛かりなリフォームで、防火仕様にする必要がある場合、費用がかなり掛かってしまうケースがあるため)

2.間取り

次に間取りです。子供の成長や、親との同居などに対応できる間取りかどうかを見ます。また持ち込む物の量と、収納量が合っているのか、風通し、日当たり、洗濯物干し場なども見ておきましょう。あと窓の位置が隣の家の目線が入る位置に無いかなども、要チェックです。

3.建物の状態

最後に最も重要な建物の状態です。2018年より中古住宅のインスペクション(専門家による建物診断)について、不動産会社が売主と買主に伝えることが義務化されました。インスペクションが実施されていない場合は、構造上安全を確保できているかどうかはわかりません。その場合は費用が掛かっても、インスペクションを受けることが安心につながります。

あと築20年を経過している中古住宅は、原則住宅ローン減税の対象となりませんが、耐震基準を満たす住宅にすることで住宅ローン減税を受けることができるようになります。(住宅ローン控除の適応条件を満たす必要があります)インスペクションと一緒に耐震診断を行うことをお勧めします。


無料建物診断の申込みはこちら


2.内覧でのチェックポイント

■■■ セルフチェック項目 ■■■

1.天井に雨漏りのシミがあるかどうか
2.実際の部屋の広さやドアの開け閉めに問題が無いか
3.床下の湿気(カビ臭くないか)
4.サッシの開け閉めに問題が無いか
5.床が傾いてか無いか
6.風通しや、日当たり
7.隣家との距離、窓の位置、換気扇の向き
8.水廻り設備機器の不具合は無いか
9.給湯器の製造時期(給湯器の寿命は約10年~15年)
10.分電盤の容量、落ちやすいブレーカーが無いか
11.建物図面の有無
12.建築したハウスメーカーまたは工務店の確認
13.境界が明確になっているか、建物の一部が越境してい無いか


3.売買契約においての重要なこと

気に入った中古住宅が見つかると、申し込みとなります。その後、ローンを利用する場合はローンを申し込み、売買契約締結の流れとなります。この時注意しておきたいことは、重要事項説明です。重要事項説明とは、宅地建物の取引において、宅地建物取引業者が取引当事者(お客様)に対し、契約上重要な事項を説明すること、簡単に言うと、とても大事な事だからしっかり説明しますね、ということです。その中に、瑕疵(かし)についての説明も含まれており、建物に万が一欠陥があった場合の補償に関することなども含まれています。なので、ここはしっかりと説明を聞いておくことと、わからない事は聞いて、理解できるまで確認するようにしましょう。



無料建物診断の申込みはこちら


まとめ

1.建物の見えない部分の確認が重要

構造上安全が担保されているのか、シロアリの被害は無いか、耐震性は保たれているのかなど、目に見えない部分の把握が重要。また、築20年以上の建物を購入する場合は、耐震診断と耐震工事を行いローン減税適応住宅にすることで、ローン控除を受けることが可能となるので、専門業者へ相談しましょう。

2.内覧でのセルフチェック

家を見に行くときのチェックポイントは、雨漏りの有無、シロアリ被害、間取り、床レベルなど、自分で確認できることをチェックし、写真が撮れれば撮っておき、いつでも専門業者に相談できるよう準備しておく。さらに図面があると、より具体的な相談がしやすくなります。

3.重要事項説明

瑕疵とは、生活に支障が出るような欠陥のことを指し、そういった隠れた欠陥が見つかった場合に、売主が買い主に保証する制度で、雨漏りや構造上の問題についてが主な内容となっています。もう一つ中古住宅選びで聞いておくと良いのが、住宅を建てた建築会社です。信頼できる住宅会社が建てた家は、オーナーが変わっても引き続きメンテナンスなどの対応をしていただけるケースもありますので、不動産屋さんに聞いてみるとよいでしょう。


最後まで読んでいただき、有難うございます。
これから中古住宅の購入をご検討されている方に、少しでもお役に立てれば幸いです。


山根木材リモデリングは、建物調査、耐震診断、省エネ診断、中古物件買取・販売、修繕・リフォーム、リノベーションなど、幅広く対応させていただいておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。


無料建物診断の申込みはこちら


※令和3年度 廿日市市木造住宅耐震診断業務委託業者となっております。
※住宅医在籍。


★中古住宅、実家の家、空き家、何でもご相談ください

★建物診断を詳しく知りたい方はこちら


★お勧め物件情報

★中古住宅のことがよくわかる『ツキノキ先生と語る 家さがし対談』





開催日 常時
開催時間 10:00~18:00
会場 納得すまいる館、広島北SR、廿日市SR、東広島展示場
お問い合わせ 0120-543-631