スタッフブログ

アッシュとレッドシダーと照明と

アッシュとレッドシダーと照明と

記事掲載日:

皆さん、こんにちは!

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。


今回は、以前の【現場レポート】にも掲載されていました現場を再びご紹介します。


なぜか?


それは素材感を活かした仕上がりで、空間演出も含めて、天井のパネリング以外も

皆さんにもオススメしたいから。


天井材は以前のブログでも紹介された「ウエスタンレッドシダー」を張っています。

そして、床は「アッシュ」を張っています。

着色では表現できない、古木のようなの濃淡が味わえ、無垢ならではの経年美化も楽しめる

逸品です。無垢材の中では、キズ・汚れにも強い材です。

天井と同様な素材感で、とても良い組み合わせだと思います。


アクセントにちょっと楽しめる照明を採用しています。

照明のサイドパネルが透けているのが分かりますか?

真ん中だけ点灯しています。


それで、こちらはサイドパネルも点灯しています。

点灯しても天井のレッドシダーがちょっと透けているのが、雰囲気あって良い感じじゃないですか!?


リフォーム工事では、こういった素材や空間演出(照明やカーテン等)も含めて計画する事が、より

満足度の高い工事をする為には欠かせないと思いますが、いかがでしょうか?


今回ご紹介した空間ですが...

じつは、当社納得すまいる館ショールームにかなり近い空間提案ブースがありますので、ご興味のある方は

ぜひ、ご来場下さい。


村上