スタッフブログ

採りたてレンコン

採りたてレンコン

記事掲載日:

山根木材リモデリングのブログをご覧いただき
ありがとうございます。

突然ですが、私の家では
肥大化した家庭菜園で一部を田んぼにして
レンコンとかクワイを栽培しています。

レンコンは最近テレビやネットでレンコン効果、
効能として免疫力を高め風邪やがんを予防するとか、
疲労回復とか美肌効果があるとか、
これから始まる花粉症にも効くとかいいことばかりありますが、
なにより調理しておいしく食べられるというのが一番です。

ですがスーパーで買うとわざと泥を塗ったりラップをしたりして
乾燥を防ぐ形で販売しているのをよく見ます。
自分で育てている私としては、
やっぱり乾燥して固くなり、採りたての柔らかさが少ないと思います。

もともとスーパーに流通しているのは
シャキシャキ感が強い品種だと思いますが、
乾燥してより硬く感じるのではないかと思います。

大きく食べがいがあると買ってみると
時々「硬すぎるでしょ」ってものもありますよね。

岩国レンコン系のネットリレンコンを収穫後
すぐ乾燥しない状態で調理すれば、ほんと驚く美味しさ、食感なのです。

何節か連なっているものを収穫するのですが
芽に近いほうがより柔らかく、天ぷらにしたら食感としてはサトイモに似た感じです。
先から離れれば少し硬くはなってきますがシャキシャキって感じなのできんぴらなどにおすすめです。
ちょっと硬いとこはグリーンカレーの具として短冊に切っていれるのですが、最高ではまります。

収穫すると、新鮮な柔らかい状態で食べてもらいたいので、
その足で皆さんに配ってまわるのですが、
それでもすぐ食べきれないなら
「乾燥するので水につけたまま 水を毎日変え涼しいとこへ置いとけば
一か月ぐらい新鮮なかたちで食べられますよ」と説明するんですけど
2,3日して訪問すると乾燥してる状態で置いてあることが多く
もったいないなと思ってしまいます。

冷たい水がはってある蓮田に入って手で探りながら収穫していくので大変な分
おいしく食べてその最高の美味しさ、食感を感じてほしいですね。

12月1月と忙しく、仕事休みに雪が降って水が冷たくて収穫できず半分以上残っています。
収穫頑張ります。

施工 山本