スタッフブログ

【現場レポート】お風呂の断熱で寒さ対策

【現場レポート】お風呂の断熱で寒さ対策

記事掲載日:

山根木材リモデリングのブログを
ご覧いただきありがとうございます。

今回のブログは、現場レポートです。
お風呂のリフォームをしているこちらの現場、
壁・天井に、ぎっしりと断熱材を使っています。


山根木材のリフォームでは、この光景
標準仕様なのでよく見るのですが…

一般的に、断熱材は家の外側に面しているところに入れます。


図内 赤線部が断熱材充填(じゅうてん)箇所

ですが、山根木材のお風呂リフォームは
天井・壁すべてに断熱材を入れます。


図内 赤線部:壁の断熱材充填(じゅうてん)箇所
黄色網掛け部:天井の断熱材充填(じゅうてん)箇所

システムバス、ユニットバスと呼ばれるお風呂は
壁・天井・床で箱状に作られています。

箱の中にある床材や浴槽は
ひやっとしない素材であったり保温効果があったりしますが
箱自体が冷えてしまっては意味がないですよね。

山根木材のリフォームでは
壁・天井にしっかりと高断熱の断熱材を入れて箱を包んでいます。

室内の温度差が大きいと
ヒートショックを起こす可能性が高くなります。
少しでも室内の温度差を小さくするために、
安全で安心できるおうちを目指してリフォームしています。

施工 長谷生


関連記事