スタッフブログ

お風呂場にひそむ危険

お風呂場にひそむ危険

記事掲載日:

山根木材リモデリングのブログをご覧いただき
ありがとうございます。

寒い日には、お風呂にゆっくり浸かって
体の芯から温まりたいものです。

反対に、暑い日にはシャワーで汗を流して
さっぱりしたくなります。

とはいっても冬場のお風呂は危険がたくさん!

ヒートショックという言葉
最近よく聞きますね。

このヒートショック、
簡単におさらいすると
温度差により、体の中の血管の収縮が起こります。
血管の収縮によって血液が
流れやすくなったり流れにくくなったりします。
血圧の急変動が起こることで
心筋梗塞、致命的な不整脈、脳梗塞や脳出血など
引き起こしやすくなってしまいます。

ヒートショックの起こりやすい場所は
温度差の大きいところです。

特に洗面脱衣室からお風呂は
室内の寒暖差のみならず、裸になることで
よりヒートショックを起こす可能性が高くなります。

他にも、濡れた床に滑って転んだりする危険もあります。

このように危険がたくさん潜むお風呂場。
洗面脱衣室と浴室の温度差を小さくする工夫を施したり
ひやっとしない床材のシステムバスも多く出ています。
冷たい・寒い を解決するだけでなく
掃除のしやすさやエコも考えられています。

快適・安心・安全・そしてエコなお風呂にリフォームしませんか?

お風呂場のリフォームにおすすめな時期はこれから。

リフォーム工事中はお風呂には入れません。
そのため、寒い冬や暑い夏に工事が重なってしまうと
銭湯に行くために湯冷めしたり汗をかいてしまうので大変です。

これから少し暖かくなってきた時期や
寒くなる前にリフォームしましょう。

リフォームの流れはこちら


関連記事