スタッフブログ

お家の設備機器、何年目ですか? ―水廻り編―

お家の設備機器、何年目ですか? ―水廻り編―

記事掲載日:


突然ですが「耐用年数」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

耐用年数とは、使用可能な期間のことをいいます。
この時期を過ぎると、いつガタが来てもおかしくない
といった意味と捉えていただければと思います。

もちろん、耐用年数を迎えていなくても故障が起きたり
不具合が出ることもあります。

お家の中にある住宅設備機器(キッチンやお風呂など)の耐用年数は
いったい何年なのでしょうか。

設備機器の交換時期(目安)をまとめてみました。

図を見てみると

キッチンの交換時期 約20年
洗面化粧台の交換時期 約30年
お風呂の交換時期 約20年
トイレの交換時期 約15年

約15~30年の間に交換時期が来ることになります。
とはいえ、本体の交換は15~30年に一度と考えていても
水栓などの部品や付属機器に故障が見られる頻度はもっと短くなります。

皆さんのお家の設備は、今何年目ですか?

もし上図の時期を超えても交換していない機器がある場合
そろそろ、交換時かもしれません。

まだ壊れていないし、困っていないから大丈夫よ♪
と思っていても、思わぬところで壊れることがあるかもしれません。

15年以上前の設備と比べると
機能性や清掃性などどれも確実に上がっていますので
気になる方は一度、ショールームへ見学にいらしてください。

山根木材のリフォームショールームには
さまざまなメーカーの設備機器を展示しています。

皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしております。