スタッフブログ

料理や洗濯が楽になる!家事動線を考えたリフォーム.

料理や洗濯が楽になる!家事動線を考えたリフォーム.

記事掲載日:

毎日の家事の負担を軽減するためには、導線の確保がとても重要です。今回は、家事動線を考えたリフォームのポイントについて解説します。


家事動線を考えたリフォーム1:壁を取り払う

【お悩み】 私は料理と並行して洗濯をすることが多いのですが、我が家のキッチンと洗面室は直通しておらず、いちいち他の部屋を通って移動しなければなりません。先日は、ほんの少し洗濯に手間取っているうちに、お鍋が吹きこぼれてしまいました。もう少し家事をしやすくする方法はないでしょうか? 今さら部屋の配置を変えたくはないのですが…。

【リフォームのポイント】 思い切って、キッチンと洗面室の間の壁を取り払うか、ドアを設置してみましょう。もともとキッチンと洗面室が隣り合っているなら、ほぼ1つの部屋として使えるようになり、料理と洗濯を並行しやすくなります。2つの部屋が離れているのだとしても、最短距離で移動できるようになれば、負担は大幅に軽減できるでしょう。


家事動線を考えたリフォーム2:洗面室の作業スペース

【お悩み】 洗濯物を取り込んだあと、アイロンがけのためにリビングまで運ぶのが非常に面倒です。忙しい時は、取り込んだままの洗濯物をリビングに放置してしまうこともあります。かといって、干しっぱなしにするわけにもいきません。洗濯物の処理を楽にする方法を教えてください。

【リフォームのポイント】 洗濯物を取り込んだあとは、アイロンがけ→たたむ→収納するという手順をこなす必要があります。そのためのスペースが離れているのは、余計な移動を増やしてしまう原因になり、あまり効率がよくありません。

そこで、洗面室をリフォームして広い作業スペースを作ってみましょう。洗濯からアイロンがけまでをほぼ1ヶ所で行うことができ、洗濯物を運ぶ手間がなくなります。また、簡単な収納スペースを設けるのもおすすめです。下着やタオルなどのちょっとしたものなら、その場ですぐに収納してしまいましょう。


家事動線を考えたリフォーム3:勝手口の設置

【お悩み】 買い物から帰ってきたあと、キッチンまで食材を運ぶのに苦労しています。我が家のキッチンは玄関から離れており、かなり歩かなければならないのです。もっと楽にする方法はないでしょうか。

【リフォームのポイント】 キッチンに近い場所に勝手口を設置してみましょう。食材を買ってきた時は、玄関ではなく勝手口から入ることで、移動距離を短縮できます。単にキッチンに近いだけではなく、車庫や駐車場との位置関係を考えて、最短で移動できるようにするのがポイントです。


まとめ:簡単リフォームで家事動線を確保しよう

簡単なリフォームを施すだけでも、家事動線は大きく改善します。古民家やマンションの改装、二世帯住宅へのリフォームなどを検討している時は、ぜひ家事動線を意識してみてください。


関連記事