スタッフブログ

まるで別の部屋のように!壁紙のリフォームのポイント.

まるで別の部屋のように!壁紙のリフォームのポイント.

記事掲載日:

壁紙は、部屋の雰囲気や機能に大きな影響を与えます。同じ部屋でも、壁紙が変わればまったく別の部屋のようになるのです。
今回は、壁紙のリフォームのポイントについて見ていきましょう。


壁紙のリフォームのポイント1:アクセントクロス

【お悩み】 半年前に今のマンションに引っ越してきたのですが、壁紙がどうにも好きになれず、リフォームを検討しています。あまり大掛かりなことをやりたくはないのですが、やはりすべての壁紙を一新しなければ効果はないものなのでしょうか?

【リフォームのポイント】 部屋の1ヶ所の壁紙を交換しただけでも、雰囲気は十分に変わります。これは「アクセントクロス」と呼ばれ、最近よく使われている手法です。もちろん、すべての壁紙を交換するのに比べ、手間や費用は抑えられます。壁紙のリフォームに初挑戦する時は、アクセントクロスを試してみましょう。


壁紙のリフォームのポイント2:壁紙の明るさ

【お悩み】 購入した古民家の壁紙を交換したのですが、すべて同じ色にすると味気ないと思い、少しずつ色の濃さを変えてみました。すると、妙に部屋が狭く感じられ、天井が低くなったようにすら思えるのです。これはなぜなのでしょうか。

【リフォームのポイント】 壁紙は、明るい色だと部屋が広く感じられ、暗い色だと狭く感じられます。同じ系統の色でも、床→壁→天井の順に色を暗くすると、天井が下がったように感じるのです。開放感を求めるなら上の方を明るく、落ち着きを求めるなら上の方を暗くしてみましょう。


壁紙のリフォームのポイント3:機能性壁紙の活用

【お悩み】 家の二世帯住宅化を検討しており、古くなった壁紙もすべて交換する予定です。改めて観察してみると、長年の汚れがかなり堆積しており、一部は嫌な臭いもします。当面は壁紙を張り替えなくてもいいようにしたいのですが、汚れや臭いに強い壁紙はあるのでしょうか?

【リフォームのポイント】 「機能性壁紙」を使ってみましょう。汚れがつきにくく落としやすい「防汚壁紙」、部屋の水分を吸収・放出して湿度を保つ「吸放湿性壁紙」、臭いを吸収する「消臭壁紙」、雑菌やウイルスの繁殖を防ぐ「抗菌壁紙」など、さまざまな機能性壁紙があります。地域の気候や部屋の用途を考慮し、最適な壁紙を選んでください。


まとめ:壁紙のリフォームで快適な部屋を作ろう

壁紙をあまり気にしていないご家庭は少なくないと思われます。しかし、壁紙は部屋の雰囲気や機能に大きな影響を与えているのです。
まずはアクセントクロスから挑戦し、壁紙の効果の大きさを味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事