スタッフブログ

広く使えて自転車も置ける!玄関のリフォームのポイント.

広く使えて自転車も置ける!玄関のリフォームのポイント.

記事掲載日:

家の間取りを自由に決めた時、どうしても狭くされがちなのが玄関です。確かに滞在時間は長くないのですが、来客を出迎える場所でもありますから、できるだけ広々と使えた方がいいですよね。今回は、玄関を広く使うためのリフォームを考えてみましょう。

玄関のリフォーム1:土間を広げる

【お悩み】

私の家の玄関はとにかく狭く、圧迫感があって居心地が悪いです。長時間いる場所ではないとはいえ、玄関は家の顔ですから、もう少し快適な場所にしたいと思います。どのような広げ方がおすすめでしょうか。

【リフォームのポイント】

玄関が狭いと、圧迫感に加えて風通しや採光の問題も生じるため、ある程度の広さは確保するのが望ましいといえます。そして、玄関の広さは土間の広さとほぼイコールです。土間を広げるには、壁や廊下を削る必要があるので、どの方向に拡張すればいいのか考えてみましょう。古民家の改装や二世帯住宅化の時にも重要です。

また、玄関が狭く感じるのは、明かりが不足しているせいかもしれません。暗い(黒っぽい)部屋は、実際よりも小さく見えてしまうからです。壁紙を膨張色の白系にする、明かり取り用の窓を設けるなどして、玄関全体を明るくしてみてはいかがでしょうか。

玄関のリフォーム2:自転車置き場の増設

【お悩み】

私は最近自転車にこり始め、高級な自転車を購入し、カスタマイズも行うようになりました。それで問題になったのが、自転車の保管場所です。今までは家の外の小屋に置いていたのですが、盗難が怖いので玄関に入れるしかなくなりました。おかげで玄関が非常に狭いです。1台分だけでいいので、家の中に簡単な自転車置き場を作れないでしょうか。

【リフォームのポイント】

自転車にすぐ乗れるようにするためにも、自転車置き場は玄関付近にあるのがベストです。何台も自転車を置く場合は、まとまったスペースを確保する必要がありますが、1台だけなら細長いスペースで十分入ります。自転車1台分だけ壁を削ってみるといいでしょう。

また、裏技的な方法として、自転車を入れる横穴を作る方法もあります。「幅を広く削ることはできないが、1ヶ所だけなら深く削れる」という場合に使ってみましょう。外見が気になる場合は、簡単なカーテンを設置するのもおすすめです。

玄関のリフォーム3:ベンチの設置

【お悩み】

我が家の玄関は上がりかまちが高く、しかも狭いので非常に靴が履きづらいです。7人家族のため、全員でお出かけする時などは大混雑になります。もう少しゆったりと座れる玄関にできないでしょうか。

【リフォームのポイント】

腰掛けられる場所を増やしたい時は、ベンチを設置してみましょう。壁を削ってベンチを設置すれば、大人数でも広々と使え、靴も履きやすい玄関ができ上がります。壁を削る余裕がない、あるいは削りたくない場合は、折りたたみ式のベンチを備え付けるのがおすすめです。来客とちょっとした会話をする時にも役に立ってくれるでしょう。

まとめ:玄関をリフォームすれば、みんなが笑顔になる

広々とした玄関は、出入りする人を明るい気持ちにしてくれます。ちょっとした工夫で快適な玄関がつくれるので、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

山根木材のリフォームでは無料でリフォームのご相談を承っております。 お気軽にお問い合わせください。

関連記事