スタッフブログ

意外と選択肢は多い。マンションのリフォームのポイント.

意外と選択肢は多い。マンションのリフォームのポイント.

記事掲載日:

マンションの間取りや性能に不満がある。でも、マンションだからリフォームするわけにはいかない……。このような悩みを抱えている人は、少なくないのではないでしょうか。しかし、マンションも意外とリフォーム可能な場所が多いのです。ここでは、マンションのリフォームのポイントを解説します。

マンションのリフォーム1:壁を取り払う

【お悩み】

子供が大きくなり、マンションが手狭に感じるようになりました。面積が狭すぎるわけではないのですが、壁が多くて移動しづらく、子供のプライバシーを保てる部屋も用意できないのです。新しいマンションを探すしかないのでしょうか。

【リフォームのポイント】

管理規約でリフォームが許可されているマンションなら、余計な壁をなくすことも可能です。壁自体が部屋を支える構造になっている場合は難しいのですが、柱や梁によって支える構造なら、かなり大胆に壁を取り払うことができます。無駄な壁をなくせば家が広くなりますし、風通しや冷暖房の効率もアップしますね。

逆に、広くした空間にパーテーションを設置すれば、新たな部屋を作ることも可能です。パーテーションは状況に応じて動かせますから、家族の人数や使用目的によって、自由に間取りを変えることができます。「マンションの間取りは変更できない」という固定観念を最初に取り払いましょう。

マンションのリフォーム2:配管は移動しにくい

【お悩み】

マンションのキッチンがどうにも使いづらいので、新たなシステムキッチンへのリフォームを検討しています。スペースが限られているので、可能なら別の場所に移したいくらいなのですが、これは大丈夫なのでしょうか?

【リフォームのポイント】

マンションの構造上、特にリフォームが難しいのが配管などの共用部分です。大きく動かすことができないため、キッチンや浴室の位置はどうしても制限されてしまいます。マンションでキッチンをリフォームする場合、配管をできる限り動かさないことを前提として、最適なキッチンを選びましょう。

マンションのリフォーム3:二重床と二重天井の物件を選ぶ

【お悩み】

中古のマンションの購入を検討中です。できるだけ自分好みにリフォームしたいのですが、やっぱりマンションのリフォームには厳しい制限がありますよね。リフォームしやすいマンションを見分ける方法はあるのでしょうか?

【リフォームのポイント】

マンションのリフォームがどの程度可能なのかは、管理規約とマンションの構造にかかっています。大規模なリフォームを検討しているなら、契約前にその旨を伝え、管理規約を確認してください。賃貸マンションの場合は、仮にリフォームが自由だったとしても、退居時に原状回復しなければならないことに注意が必要です。

また、マンションの構造では天井と床に注目しましょう。二重床・二重天井のマンションなら、天井裏と床下に空間があるため、上下の部屋に迷惑をかけずに配管・配線を移動可能です。断熱工事を施しやすいというメリットもあります。

まとめ:マンションをリフォームして理想の家に!

他に大勢の人が暮らしているマンションでも、自分の家であることに違いはありません。可能な範囲でリフォームを施し、理想の家を作り上げましょう。

関連記事