スタッフブログ

強度や断熱性は大丈夫?古民家のリフォームのポイント.

強度や断熱性は大丈夫?古民家のリフォームのポイント.

記事掲載日:

近年では、古民家に憧れる人が増加しています。地方に移住し、古民家で生活する計画を立てている人も多いでしょう。しかし、古民家にはいろいろと不足している機能もあるため、リフォームは必須です。ここでは、古民家をリフォームする際のポイントを解説します。

古民家のリフォームのポイント1:最初に間取りを決める

【お悩み】

ついに念願の古民家を購入しました!さっそくリフォームの計画を立てているのですが、今の家と構造が違いすぎて、どこから手をつけていいのかわかりません。まず何から始めるべきでしょうか?

【リフォームのポイント】

最初に行うべきなのは間取りの決定です。古民家は電気工事や配管工事などを行わなければならないことが多く、そのためにも間取りを決めてしまう必要があります。台所やお風呂が使いにくい位置にあるなら、思い切って移動させた方が良い場合もあります。以降の作業すべてに影響しますから、じっくりと間取りを考えてください。

古民家のリフォームのポイント2:耐震補強をする

【お悩み】

古民家に憧れて移住を考えているのですが、古い家ですからきっと耐久性は低いですよね。ここ最近は、数年おきに大きな地震が発生しているので、とても不安です。古民家に住んでも大丈夫なのでしょうか。

【リフォームのポイント】

日本は地震が多い国です。耐震基準に関する法律も何度か改正されており、1981年にはいわゆる新耐震基準が導入されました(2000年にはさらに改正)。タイミングの関係上、古民家は新耐震基準を満たしていない可能性が高いといえます。

とはいえ、古民家は現代の家とは構造が違いますから、最近の家と同じ感覚で安易に強度を判定できません(いわゆる柔構造が多い)。古民家に詳しい専門のリフォーム会社や工務店へリフォームを依頼し、耐震補強が必要な場所を正確に調べてもらってください。

古民家のリフォームのポイント3:断熱リフォームをする

【お悩み】

古民家の物件をいくつか見て回りました。どの家も風通しがよくて快適なのですが、エアコンの効きが悪そうなのが気になります。古民家は、現在の気候にも対応した作りになっているのでしょうか?

【リフォームのポイント】

古民家のような昔ながらの日本家屋は、夏の快適さを基準に作られています。つまり、風通しがよく気密性が低いわけです。冷暖房の効率はよくありませんから、猛暑や大雪になることもある現代の気候に対応しているとはいえません。壁や床、天井の断熱工事は優先的に施し、それに合わせて劣化した箇所も修繕しましょう。

まとめ:リフォームで素敵な古民家を手に入れよう

古民家にはリフォームすべき箇所も多いのですが、そこさえ直してしまえばとても暮らしやすくなります。リフォームを成功させて、古民家の魅力を味わってください。

住まいの寿命を延ばす住宅診断「住診」を受けてみませんか?

現在のお住まいの健康状態を確認してみませんか?リフォームについてのご相談も無料で承っておりますでお気軽にお問い合わせください。
住まいの寿命を延ばす住宅診断「住診」

関連記事