スタッフブログ

大量の持ち物も効率よくしまえる家に。収納リフォームのコツ.

大量の持ち物も効率よくしまえる家に。収納リフォームのコツ.

記事掲載日:

持ち物を整理したいのに、収納スペースがもうない!せっかくの収納スペースも位置が悪くて、いまいち使いづらい!このような収納のお悩みはとてもよくありますよね。 今回は、収納スペースのリフォームのポイントをご紹介します。

収納リフォームのコツ1:壁を利用する

【お悩み】

私は服を集めるのが好きなのですが、気が付いたら家中のタンスがパンパンになっていました。不要なものをいくつか処分しても追いつきそうにありません。収納効率を上げるためのいいリフォーム方法を教えてください。

【リフォームのポイント】

大量の服を収納したい時は、壁面収納型のクローゼットを作ってみましょう。天井から床まで無駄なく使うことができ、収納効率はタンスをはるかに上回ります。服をハンガーにかけた状態で吊るしておけるので、取り出しやすいのもメリットです。壁面収納は、服以外の収納でも大変役に立つので、収納スペースに困っている時は活用してください。

収納リフォームのコツ2:取り出しやすい位置につくる

【お悩み】

トイレの中の棚って、何であんなに高いところに作ってあるんでしょう? 狭いから仕方がないとはいえ、取り出しにくくて仕方がありません。先日も、用を足したあとになってトイレットペーパーがないことに気づき、わざわざ立ち上がって取るはめになりました。みなさんも同じような経験はありませんか?

【リフォームのポイント】

収納の基本は、デッドスペースを活用することです。特に天井付近は、そのままだと何もない空間にすぎないので、吊り戸棚などを設置することが多いでしょう。しかし、あまり高い位置にあると収納物が取り出しにくく、面倒になって使わなくなってしまうこともあります。これでは棚を作った意味がありませんよね。

特にトイレの場合、スペースが狭いため天井近くに棚を作ることが多く、結果として座ったまま取れなくなるのです。いざという時に慌てたくなければ、便器の近くに棚を作るべきでしょう。トイレ以外でも、最小限の動きで収納物を取り出せるようにすることが大切です。

収納リフォームのコツ3:床下収納は昇降機付きで!

【お悩み】

親が台所の床下収納から醤油を取り出そうとして、腰をグキッとやってしまいました。この床下収納は、家を二世帯住宅にリフォームした時に作ったものです。よかれと思ってやったことが逆効果になり、残念でなりません。でも、これは床下収納の宿命ですから仕方がありませんよね?

【リフォームのポイント】

床下収納は、ものを取り出す時に屈む必要があり、高齢者にとっては負担が大きくなります。しかも、調味料の瓶などの重いものを収納することが多いため、持ち上げようとして体を痛める場合もあるのです。床下収納はできるだけ浅く作り、取り出しやすくしましょう。昇降機を設置して、ボタンひとつで収納物が上がってくるようにするのもおすすめです。

まとめ:収納のリフォームで家を広くしよう

収納スペースがうまく使えていないということは、家が狭くなっているということです。適切な収納スペースを確保すれば、持ち物を整理整頓できるだけでなく、家を広々と使えるようになります。リフォームで家の収納効率を高めてみましょう。

関連記事