スタッフブログ

風呂場とトイレの全改装を行いました!(リフォーム体験談)

風呂場とトイレの全改装を行いました!(リフォーム体験談)

記事掲載日:

このコラムでは、「水回りの工事にどれだけの時間とお金がかかるのか」という体験談についてご紹介します。

お風呂場とトイレが使えないと生活に支障が出ます。そんな時にこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

※山根木材のリフォームではありません。

リフォームをすることにしたきっかけ

わが家のお風呂は壁が木目のデザインのあるもので水はけがあまりよくないものでした。そのせいもあったのか、湿気で痛んでいるところが多くなってきました。お風呂自体もだんだん水漏れを起こすようになり、15年目の節目でリフォームをすることにしました。どうせお風呂もするならトイレも変えておこうという話になり、トイレも改装することになりました。

リフォームの会社を探す

まず初めに風呂場は水はけがよい物を使うことを第一条件に予算を決めていきました。

わが家はリフォーム展覧会みたいな会場へ行き、実際にいろんな風呂場を見てそこからリフォームをお願いする会社を絞りました。会場にいるスタッフさんの話を聞きながら対応も良く自分たちと合うところに決めました。

リフォームの計画を立てる

リフォームをお願いする会社を決めた後は、担当の方がいろいろなデザインのパンフレットを持ってきもらい、そこから壁や床、お風呂のデザインを決めました。サンプルがあって、そこから組み合わせていった。という感じです。
デザインが決まるまでは毎日サンプルを家に持ってきて打ち合わせをしてくれました。
トイレに関しても同様に決めました。
壁や床のデザインに関しては100を超えるサンプルがあり、見本生地などもついていて質感まで見れたのでとても良かったです。
最終的に決まった費用はは250万弱で風呂場はすべて水はけのよい素材にしてもらいました。

私の親が素材にこだわったのと大金でのリフォームだったので、費用に関しての値段交渉などさせてもらって、オプションもいくらか割引にしてくれたりしたので大変助かりました。

リフォーム開始

いよいよリフォームが始まるとなり、風呂場の用品などすべてほかの部屋に移したりするのは少し面倒くさかったです。
トイレの工事に関しては一階と二階にトイレがあったので交互にやってもらいました。日にちに関しては意外と早く4日程度で二つとも完成していました。

風呂場に関しては長く、2週間程度かかり、その間は近所の祖母の家や温泉に行ったりしていました。

リフォーム完了

約3週間かけやっとリフォームが完了した時は、お風呂に入るのが楽しみでしかたなかったです。
トイレは電動式の自動で洗浄してくれるタイプに変えました。
そのおかげでトイレ掃除は楽になったと母は言っていました。
お風呂場は泡が出てくる機能付きに換え、170センチの人でも膝を曲げなくて済むように前よりも大きいものにしました。
水はけも良い物にしたので今はリフォームしてから10年経ちますが、以前よりも痛みはありません。
床暖房もつけたので冬でも風呂場が快適になりました。

家族のみんなも風呂にリラックスして入れると、とても喜んでいました。

あきらめる前に一度相談を

お金の面でも中々リフォームをするのが厳しい方もいると思いますが、今はいろいろなリフォーム会社さんが展覧会を開いており、相談しやすくなっています。
諦める前に一度相談しに行ってみてはいかがでしょうか。
家の一部が綺麗に変わるだけでもまるで新しい家に来たみたいな気分になり、なにより良い物に換え、長年愛用する方が絶対にお得です。
私はリフォームのおかげでお風呂に入るのが本当に楽しみに変わりました!

みなさんもぜひ一度、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

関連記事