スタッフブログ

小さな亀裂も要注意。外壁のリフォームのコツ.

小さな亀裂も要注意。外壁のリフォームのコツ.

記事掲載日:

遠目にはきれいな家に見えても、近づいてみたら汚れや亀裂でボロボロ……ということは珍しくありません。外壁は家の見た目と耐久性の両方に関わりますから、問題があればすぐに修繕しておきたいところです。今回は、家の外壁リフォームについて見ていきましょう。

外壁の亀裂は小さなものでも修繕すべき

【お悩み】

家の外壁に小さな亀裂が入っていました。修繕するべきではないかと家族に話したのですが、「あれくらい別にいいんじゃない?」と言われ、手付かずの状態です。このまま放置しても大丈夫なのでしょうか?

【リフォームのポイント】

外壁の亀裂は、防水性能や耐久性を低下させるだけでなく、外壁全体の寿命を低下させてしまいます。台風や地震の際に亀裂が一気に広がるおそれもあるため、放置はおすすめできません。小さな亀裂であれば、充填剤の注入と塗装の塗り替え程度で修繕可能です。費用も比較的安価ですから、お気軽にお見積もりを依頼してみてください。

また、外壁の隙間を埋めているコーキング剤の劣化にも要注意です。コーキングは壁自体よりも劣化が早く、隙間から水が入ってくることもあります。こちらも定期的に再充填しましょう。

外壁の塗装は耐久性を高める。剥げてきたら塗り直そう

【お悩み】

古民家を購入したのですが、流石に外壁が色あせています。むしろこの古びた感じがいいと思っているのですが、塗装が剥げていると何か問題があるのでしょうか。

【リフォームのポイント】

外壁の塗装は、ただ家に色を付けているだけではありません。下地部分を紫外線や汚れ・水気などから守り、家の耐久性を高める大切な役割を果たしているのです。塗装の劣化は家の寿命を縮めますから、色あせてきたら塗り直すべきだといえます。家のイメージチェンジも兼ねて、以前とは違う色や塗装剤を選んでみるのも面白いですね。

外壁の重ね張りや、広範囲の修繕なら割安になる

【お悩み】

家の二世帯住宅化に合わせて外壁のリフォームを検討しているのですが、思ったより費用が高いのに驚きました。何とか安くすませる方法はないでしょうか。

【リフォームのポイント】

ダメージが深刻なら外壁の張り替えが推奨されますが、そこまでひどくないのなら外壁を重ね張りする方法があります。張り替えに比べると工期が短く、費用も抑えられるのが大きなメリットです。まずは壁の状態をチェックしてもらうことから始めましょう。

また、外壁のリフォーム費用が高くなるのは、作業のために足場を組むことと関係しています。可能であれば、広範囲を一気に修繕した方が割安になるのです。屋根なども含め、まとめて修繕できる場所がないか確認してみてください。

まとめ:外壁は定期的にリフォームしよう!

たとえ面倒に思えても、定期的に外壁のリフォームを行っておけば、家の寿命は大きくのびます。外壁に亀裂や劣化が見られないか、こまめに観察してみるといいでしょう。

関連記事