スタッフブログ

泥棒にNO!防犯性能を高めるリフォームの方法.

泥棒にNO!防犯性能を高めるリフォームの方法.

記事掲載日:

みなさんは、自宅の防犯について考えたことはありますか?家族が安全に生活するためにも、泥棒や強盗に強い家を作る必要があります。今回は、家の防犯性能を高めるリフォームの方法をご紹介します。

窓の防犯対策は必須。破られにくい窓にしよう

【お悩み】

家を二世帯住宅にするのにあわせて、防犯性能を高める計画を立てています。しかし、どこから手をつけていいのかわかりません。
泥棒に狙われやすい場所というのはあるのでしょうか。

【リフォームのポイント】

防犯を意識する時、真っ先に注意しなければならないのは窓です。泥棒の約7割は窓から侵入してくるとされています。窓ガラスを破られてしまえば、鍵をかけていても意味がありません。以下の方法で窓の防犯力を高めてみましょう。

  • 複層ガラス、二重窓:窓を破られにくくして時間を稼ぎ、侵入をあきらめさせます
  • 鍵のカバー:鍵を簡単に回せなくします
  • シャッター・雨戸:頑丈になるのに加え、泥棒が「時間がかかりそうだな」と判断するため狙われにくくなります
  • アラーム:警報が鳴り響きます。泥棒は何も盗まずに逃走する可能性が高まるでしょう

玄関にはテレビドアホンを設置。ディンプルキーもおすすめ

【お悩み】

マンション内で強盗事件があったそうです。犯人は宅配業者を装って訪問し、ドアを開けたところで入り込んできたのだとか。これではいくら頑丈な鍵をつけても意味がありませんよね。泥棒や強盗の玄関からの侵入を防ぐ方法を教えてください。

【リフォームのポイント】

正面から侵入してこようとする不審者への対策としては、録画機能付きのテレビドアホンがおすすめです。

家の中から外の様子を確認できるので、訪問者が不審者かどうかを見分けることができます。張り紙などで録画機能をアピールしておけば、撮影されることを恐れて強盗も近寄りません。防犯カメラと同じですね。

また、泥棒対策として有効なのがディンプルキーです。従来型の鍵に比べてピッキングが難しく、泥棒の侵入を防ぎやすくなります。いわゆるサムターン回しを防ぐため、サムターンカバーも併用すれば万全です。

家の死角をなくすことが大切。防犯カメラも役立つ

【お悩み】

ご近所さんから、「あなたの家って泥棒に入られやすそうじゃない?」と心配されてしまいました。庭木や塀のせいで中の様子がわかりづらいからだそうです。実際、このような家は泥棒に狙われやすいのでしょうか。

【リフォームのポイント】

泥棒は、死角の多い家に好んで侵入します。侵入に多少時間がかかっても、通りがかりの人に見つかりにくいのです。また、高い木や塀があれば、2階以上の部屋に侵入しやすくなる点にも注意しなければなりません。

可能であれば、見通しがよくなるように庭や塀などをリフォームするべきですが、なかなか難しい場合も多いでしょう。そんな時は、少しでも泥棒を警戒させられるよう、防犯カメラを設置してみてください。侵入をためらわせることが目的なので、ダミーカメラでも十分効果があります。

ただし、ダミーカメラを設置する際は位置に注意してください。明らかに配線を通すのが無理な場所に設置すれば、一目でダミーカメラだと見破られてしまいます。また、LEDランプを点灯させて「見張っている感」を出すカメラは避けましょう。現在流通している本物の防犯カメラの多くは、ランプがついていないからです。

まとめ:防犯リフォームで家と財産を守ろう

家をほんの少しリフォームするだけでも、泥棒や強盗を遠ざけることは可能です。防犯性の高い家をつくって、大切な家族と財産を守りましょう。

関連記事