スタッフブログ

玄関のお悩みとリフォームのポイント

玄関のお悩みとリフォームのポイント

記事掲載日:

玄関は外出する人を送り出してくれる場所、そして帰ってくる人を迎えてくれる場所です。玄関が心地よい空間だと、家に出入りする時、明るい気持ちになれますよね。
ここでは、玄関のお悩みやリフォームのポイントについて解説します。


玄関のリフォーム1:ドアからの隙間風の解消

【お悩み】

我が家の玄関は、隙間風が入ってきて寒いです。ドアはしっかり閉まっていると思うのですが、どうして風が入ってくるのでしょうか?

【リフォームのポイント】

玄関のドアは毎日使用するので、経年劣化が早い場所です。ゴムパッキンの劣化やサッシ・ボルトの変形・緩みなど、小さな不具合でも隙間は生まれてしまいます。わずかな隙間からでも風は入ってくるので、これを塞がなければなりません。
まずは、ネジの締め直しなどの調整で解決できないか試してみましょう。蝶番やゴムパッキンの交換、ドアと枠の間へのウレタンの充填などでも、大抵の隙間を埋めることができます。それでも解決できなければ、ドアや枠が歪んでいる可能性が高いので、交換を検討してください。


玄関のリフォーム2:バリアフリー化

【お悩み】

念願の古民家を購入したのですが、古い家だけあってバリアフリーとはほど遠い状態で、玄関で足を引っ掛けて転んでしまいました。まずは玄関だけでもリフォームしたいので、ポイントを教えてください。

【リフォームのポイント】

バリアフリー化の基本は段差をなくすことです。ほんの数ミリの段差でもつまずく原因になるので、徹底的に平坦にしましょう。将来の車椅子の利用も考えると、スロープの設置もオススメです。車椅子の人が自力で上れなければ意味がないため、スロープの角度は急すぎないようにしてください。
また、見落としがちなのが床材です。滑りやすい床材は転倒事故の原因になるので、高齢者がいる家庭ではとくに注意しなければなりません。滑りにくい床材に交換し、手すりも設置すれば転倒事故を予防できます。


玄関のリフォーム3:薄暗さの解消

【お悩み】

我が家の玄関はとてもおしゃれなデザインなのですが、薄暗いのが悩みです。日中でも、電気をつけていないと靴を履くのさえ苦労します。電気がなくても明るい玄関にする方法はないでしょうか。

【リフォームのポイント】

玄関を明るくするには、小窓やスリットのついたドアへのリフォームが有効です。北向きの家であっても、ドアにスリットを設けるだけで光が入り、見違えるように明るくなります。また、壁紙の色にも注目しましょう。白系の壁紙は光を反射しやすいので、同じ量の光でもさらに明るく感じさせてくれます。


まとめ:玄関のリフォームで笑顔のあふれる家に!

玄関は長時間滞在する場所ではありませんが、家に出入りする際、必ず通る「家の顔」です。玄関をリフォームして、訪れた人が笑顔になれる家を目指しましょう。


関連記事