スタッフブログ

どのくらいが適切?マンションの間取りの考え方.

どのくらいが適切?マンションの間取りの考え方.

記事掲載日:

マンションのリフォームにおいて、重要なポイントの1つが間取りです。ここでは、マンションの間取りについて解説します。

部屋はいくつ必要?年齢や仕事に応じて判断するべき

間取りのお悩みの定番は部屋数です。誰だって自分専用の部屋がほしいものですよね。しかし、「4人家族だから4LDKに」と安易に考えるわけにはいきません。
たとえば、2人いるお子さんが小さくて同性なら、子供部屋をあえて分ける必要性はないかもしれません。逆に、「夫婦の寝室は一緒」という思考にとらわれてもいけません。仕事の関係でお互いの生活・帰宅時間がずれている場合、パートナーを起こさないように寝室を別にした方がいいかもしれないからです。家族の事情に合わせ、十分に検討しましょう。

リビングを優先すべきとは限らない。家族の生活パターンが重要

一般的なマンションでは、バルコニーに面した部屋がもっとも日光を取り入れやすくなります。そうなると、家族全員が集まるリビングはバルコニーに面している方がいいですよね。リビングのスペースも広い方が生活しやすいでしょう。
しかし、「誰が・どの部屋で・何時間すごすのか」は、家庭によって異なります。全員が成人している家なら、行動生活パターンがバラバラで、家庭内でもそれほど接触していないかもしれません。それならリビングを最優先する必要はないわけです。

間取りの基本は「田の字」。他にも多くのパターンがある

マンションの間取りでもっとも典型的なパターンが、いわゆる「田の字型」です。これは、入り口からまっすぐに通路が伸び、その周囲に田の字のように4つの部屋が入り、中央に水場が集中しています。良くも悪くも無難な間取りですが、廊下に面した部屋ではプライバシーが保証されません。
同じ田の字型でも、4つの部屋の1つがリビングになっているパターンもあれば、バルコニーに面した広いリビングが存在するパターンもあります。最近増加しているのは、全体の中心に広いスペースとキッチン・ダイニングがあり、その周囲に部屋が散らばっている間取りでしょう。移動がしやすく、スペースも広く感じられます。
どの間取りにも長所と短所があるため、プライバシーや家事の動線などを考慮して、最適な間取りを考えましょう。お子さんがいる場合は、リビングを通らないと自室へ行けない間取りにした方が、こっそり出入りするのを防げていいかもしれませんね。

まとめ:家族で相談し、できる限り要望に叶う間取りを考えよう

リフォームにはお金がかかりますから、何度もマンションをリフォームするわけにはいきません。一定の妥協もしつつ、先のことも考えつつ、家族全員の要望も叶えられるマンションのリフォームを考えることが大切です。家族でよく相談してみましょう。

マンションのリフォームも山根木材のリフォームにご相談ください

マンションのリフォーム事例