スタッフブログ

リフォーム時がチャンス!押入れ・クローゼット収納について.

リフォーム時がチャンス!押入れ・クローゼット収納について.

記事掲載日:

リフォームをする前には、しっかり考えておきたいのが収納です。
リフォームでは、それまで使いにくかった収納を作り直す良いチャンスですから、しっかり設計したいものです。リフォームにあたって考慮すべきポイントをまとめてみました。


押入れは和室の必要性をよく考えて

日本の住宅に欠かせない和室ですが、最近ではあえて和室を作らないお宅も増えてきました。押入れは和室の収納ですから、和室を作らないのであれば押入れも作る必要がありません。

和室も押入れも作るという場合は、押入れのサイズに気をつけましょう。

押入れは、本来寝具を収納する場所なので幅が広く奥行きが深くできており、幅は1間(約170cm)、奥行きは90cm程度あるのが一般的です。ただし、このサイズが使いにくさの原因にもなってしまいます。基本的にはどんなサイズの押入れでも作ることが可能なので、リフォームで新たに設置する場合は、必要に合わせた高さ・奥行きを考えるのもよいでしょう。


クローゼットのサイズは物の大きさに合わせて

物にはそれぞれ、その特性に合った保管方法があります。たとえば、スーツやワンピース、フォーマルウェアなどは丈の長いものは吊るす収納をしますから、高さのあるクローゼットが必要です。スキー板なども通常立てて保管するので、それなりの高さが求められます。ずっと持ち続けるような物がある場合は、そのサイズを測って最初からスペースを確保しておけば、リフォームしたのにやっぱり入りきらなかったという事態を防ぐことができます。


棚をひと工夫して快適なクローゼットに

各部屋に作るクローゼットのサイズは、部屋の大きさによってある程度決まってしまう場合も少なくありません。そこで、工夫したいのがクローゼットの中に設置する棚です。おすすめは可動棚。2本の棚柱の棚受を動かすことで好きな位置に変えられる棚にしておくと、物の大きさに合わせたフレキシブルな収納ができるのでおすすめです。

可動棚には、棚柱が左右につくタイプ(側面支持)と後ろにつくタイプ(背面支持)の2種類があります。特に、L字棚にする場合は両方のタイプを組み合わせることですっきりとした棚が作れます。また、棚板は移動が大変になるので大きすぎないものを選びましょう。奥行きも必要以上に長くすると奥がデッドスペースになってしまいます。


サイズを工夫して使いやすい収納を作ろう

リフォームする際に収納を何とかしたいと考える方は少なくありません。リフォーム後の住まいを快適な空間にするためには、収納スペースをしっかり考えておくことが重要です。ご紹介した収納のポイントを参考にしてリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事