スタッフブログ

使いにくさから卒業!キッチンのリフォームのポイント.

使いにくさから卒業!キッチンのリフォームのポイント.

記事掲載日:

キッチンは、料理や洗い物をするためになくてはならない場所です。特に専業主婦の場合、キッチンで過ごす時間も長いため、使いやすく居心地のよい場所であることが望まれます。ここでは、キッチンのリフォームのポイントについて見ていきましょう。


作業スペースは十分に確保。冷蔵庫の買い替えも考慮する

リフォームのお悩み

我が家のキッチンはとても狭いため、思い切ってスペースを広げることを考えています。どの部分をメインに拡張すれば、使いやすいキッチンになるでしょうか。

リフォームのポイント

キッチンの中でも、特にスペースを広く取るべきなのは作業台です。作業台では食材を並べ、包丁を使い、ボウルの中のものを混ぜるなど、さまざまな作業を行わなければなりません。他の部分が広くても作業台が狭ければ、非常に使いにくいキッチンになってしまいます。

また、冷蔵庫などを設置するスペースにも注意してください。今の冷蔵庫にぴったりのスペースを確保すると、より大きいものに買い替えた時、入らなくなってしまいます。ある程度の余裕を持たせるようにしましょう。

逆に、あまり大きすぎても困るのが収納スペースです。「作ったけど結局使わなかった」「奥にしまったものが取り出せない」といった問題が、よく発生します。収納したいキッチングッズから必要な大きさを逆算し、大型1つではなく小型の収納スペースを複数持つなど工夫してください。


カウンターの高さは身長に合わせる。動線は三角形に

リフォームのお悩み

実家の母が、最近キッチンでの仕事がつらくなってきたと言っています。もともと体格に合っていないキッチンを無理に使っていたせいかもしれません。使いやすいキッチンにリフォームしてあげたいのですが、どうすればいいでしょうか。

リフォームのポイント

キッチンの設計において重要なのは、カウンターの高さです。一般的に、カウンターの高さは以下の計算式で求められます。

身長÷2+5~10(単位:cm)

身長160cmの人なら、85cm~90cmが適切な大きさということになりますね。実際には、主に使用する人の体格や、それまで使っていたキッチンへの慣れなども考慮する必要があります。ショールームなどでチェックしてみましょう。

また、作業を楽にするためには動線の確保も重要です。冷蔵庫・コンロ・作業台&シンクが三角形に配置されていると動きやすくなります。スペースは狭すぎても広すぎても作業しづらいので、適切な大きさに調整しましょう。古民家など、昔ながらのキッチンをリフォームする場合は特に配慮してください。


アイランドキッチンや対面キッチンはスペースに注意

リフォームのお悩み

アイランドキッチンや対面型キッチンに憧れています。ぜひリフォームをしてみたいのですが、注意点があれば教えてください。

リフォームのポイント

アイランドキッチンや対面型キッチンは、おしゃれで開放感があり作業もしやすいとして人気を集めています。しかし、壁付け型キッチンに比べて広いスペースを必要とするため、リビングやダイニングのスペースが削られてしまう場合もあります。

また、キッチンで複数の人が作業する場合、自由にすれ違えなければ仕事がはかどりません。日本人の肩幅は35cm~40cm程度ですから、鍋などを持ってすれ違うことを考えると、90cm~100cm程度の通路幅が必要となります。二世帯住宅や夫婦で家事をする家庭、スペースに余裕がないマンションなどでは特に注意しましょう。


まとめ:使いやすいキッチンで家事を快適に!

キッチンが使いやすいと楽しく料理をすることができ、気分も晴れやかになります。健康寿命を延ばすことにもつながるでしょう。使いにくいキッチンに困っている人は、ぜひリフォームを検討してみてください。