スタッフブログ

交換して部屋のイメージを刷新!壁紙のリフォームのポイント.

交換して部屋のイメージを刷新!壁紙のリフォームのポイント.

記事掲載日:

壁紙は部屋全体の印象を決める大切なパーツです。密かに汚れが蓄積していくため定期交換が必要になりますが、その際に思い切ったイメージチェンジを行うのも面白いといえます。ここでは壁紙のリフォームについて見ていきましょう。


壁紙の模様はさまざま。部屋の用途に合わせよう

リフォームのお悩み

二世帯住宅へのリフォームにあわせて、壁紙のリフォームを検討中です。現在はとても地味な壁紙なので、柄物の壁紙を試したいのですが、家族は「部屋に落ち着きがなくなるのでは」と言っています。やはり壁紙はシンプルな方がいいのでしょうか。

リフォームのポイント

柄物の壁紙(パターンクロス)は、大変インパクトのある個性的な部屋を作れます。その分、家族の好みや部屋の用途に配慮しなければなりません。家族みんなが集まるリビングなどでは柄物を避けるか、ベージュなどの落ち着きのある色と組み合わせて使うといいでしょう。

自分専用の部屋なら、好みの壁紙を使っても問題はありません。和室なら木目調の壁紙も合います。一見無地に見える壁紙でも、織物調や石目調などさまざまなタイプの模様があるので、部屋に合うものを探してみてください。古民家のリフォームなど、大幅な手入れが必要な場合は特に重要です。


壁紙は10年~15年でリフォームするのがおすすめ

リフォームのお悩み

我が家の壁紙は、私の生まれたころからずっと同じです。かれこれ20年以上も交換していないことになります。特に不自由は感じていないのですが、そろそろリフォームするべきなのでしょうか。

リフォームのポイント

一般的な壁紙は、10年から15年で交換するのが理想です。壁紙には時間をかけて汚れが蓄積していくため、以前と別物のようになっていることも少なくありません。また、機能性壁紙の効果も時間とともに低下していきます。

定期的に交換をするのはもちろんですが、汚れが目立ったり臭いがとれないようになったら、早めに交換するといいでしょう。タンスなどをずらしたところ、その下にあったきれいな壁紙と、周囲の汚れた壁紙とのギャップが明らかになることもあります。部屋の模様替えに合わせて、壁紙のリフォームも検討してみてください。


壁紙と一緒に照明器具やエアコンも交換しよう

リフォームのお悩み

マンションの部屋の壁紙を交換したのですが、以前よりも部屋が汚れて見えるようになりました。私の気のせいなのでしょうか。使用したのはごく普通のシンプルな壁紙です。

リフォームのポイント

壁紙と同様に、部屋の照明器具やスイッチプレート、エアコンなどにも汚れは蓄積していきます。壁紙だけを交換すると、他の部分の汚れが強調されて見えてしまうわけです。以前よりシンプルな壁紙や白く明るい壁紙にした場合は、よりギャップが強くなるでしょう。

そのため、壁紙を交換する際には、周囲のアイテムの交換も検討することをおすすめします。スイッチプレートくらいなら、交換費用もそれほどかかりません。エアコンも保証期間が切れているのであれば、最新のものに買い替えてみてはいかがでしょうか。全体を刷新して快適な部屋を作れば、部屋の空気も善くなり健康寿命を延ばすことにもつながります。


まとめ:壁紙は汚れるもの。時には目を向ける必要あり

昔の写真を見て、壁紙の色の変化に驚くことがあります。壁紙は気づかないうちに汚れていくものなのです。時期を見て壁紙を交換し、柄物の壁紙(アクセントクロス)や機能性壁紙などを試してみるのもおすすめです。


関連記事