スタッフブログ

バリアフリー化はどこまで必要?二世帯住宅へのリフォームのコツ.

バリアフリー化はどこまで必要?二世帯住宅へのリフォームのコツ.

記事掲載日:

二世帯住宅へリフォームする際、忘れてはならないのがバリアフリー化です。先のことを考えて、毎日を暮らしやすく、健康寿命も延ばせる家が理想ですよね。今回は、二世帯住宅のバリアフリー化のポイントについて考えてみましょう。


トラブルを避けるなら、二世帯住宅は完全分離型がおすすめ

お悩み

両親が高齢になってきたため、実家を二世帯住宅にリフォームして同居することを考えています。しかし、二世代住宅にして失敗したという話もよく聞きますし、正直に言って不安があります。二世帯住宅にする際の注意点を教えてください。

リフォームのポイント

二世帯住宅で大切なのは、親世代と子世代・孫世代がどの程度生活を共有するかです。それ次第で、二世帯住宅は「完全同居型」「一部同居型」「完全分離型」に大別されます。トラブルの多くは共有スペースで発生するため、安心を求めるなら完全分離型を選択するといいでしょう。玄関も別にし、お互いが気を使わなくてもいい空間にしましょう。
また、バリアフリー化も大切な要素です。余計な段差や壁をなくし、浴槽やトイレ、廊下などに手すりを設置するなど、高齢になっても生活しやすい家を作りましょう。車椅子での生活になる可能性も考えて、廊下は広く作りスロープの設置も検討してみましょう。


バリアフリー化は、親世帯の生活スペースを優先する

お悩み

念願の古民家を買い取り、二世帯住宅にリフォームすることになりました。私も妻も足腰が弱ってきているので、できれば家全体をバリアフリー化したいところですが、リフォームの費用はできるだけ節約したいです。一部分だけのバリアフリー化でも、問題なく生活はできるのでしょうか。

リフォームのポイント

可能であれば家全体のバリアフリー化が望まれますが、費用などの関係で難しいことも多いでしょう。完全分離型、もしくは一部同居型の二世帯住宅なら、親世帯の生活するスペースだけでもバリアフリー化すると良いでしょう。
特に重要なのは、廊下・階段・トイレ・浴槽です。これらは事故の発生しやすい場所ですから、最優先でバリアフリー化しましょう。廊下の手すりやスロープなど、今すぐ必要でないものについてはスペースだけ確保しておき、あとで設置する方法もあります。


まとめ:二世帯住宅は、両方の世帯が暮らしやすいことが大切

二世帯住宅は、何かあった時に親世帯の面倒を見ることを考えて作るケースが多いでしょう。しかし、それまで分かれていた世帯が同居するだけに、トラブルも発生しやすいのです。二世帯住宅にリフォームする際には、両方の世帯が暮らしやすい環境を作ることが大切です。


【バリアフリーの関連記事】