スタッフブログ

お風呂のリフォームのポイントを紹介!湿気を防ぎ広々とした空間に.

お風呂のリフォームのポイントを紹介!湿気を防ぎ広々とした空間に.

記事掲載日:

お風呂は一日の疲れを癒しリラックスさせてくれます。しかし、水場であるために湿気が発生しやすく、ヒートショックなどの事故にも注意しなければなりません。
今回は、お風呂場をリフォームする際のポイントについて見ていきましょう。


窓のリフォームで湿気を防止。換気扇も有効

お悩み

うちのお風呂は湿気がこもりやすく、とても困っています。翌日になってもじめじめしているし、カビが発生しないようにするためのお掃除が大変です。
もう少しカラッとしたお風呂場にできないでしょうか。

リフォームのポイント

お風呂場に湿気がこもってしまうのは、風通しや水はけの悪さが原因です。風を通しやすい窓や水はけの良い床や壁にリフォームしてみましょう。
風通しを良くするため入り口のドアに小窓を設けて、湿気を外に逃がすのも有効です。窓のリフォームが難しい場合は、換気扇や乾燥機を設置する方法もあります。


お風呂場の寒さは、断熱性の壁・窓へのリフォームで解決

お悩み

うちのお風呂はとにかく寒い!冬場に暖かいリビングから移動してくると、あまりの寒さにブルブル震えてしまいます。すぐそこにお湯があるはずなのに、おかしな話です。もう少し暖かいお風呂場にできないでしょうか。

リフォームのポイント

温度差が大きい場所へ移動すると、血圧や脈拍の急激な変動によって脳卒中や心筋梗塞を引き起こすことがあります(ヒートショック現象)。高齢者は特に注意が必要で、二世帯住宅やバリアフリーにリフォームする際などは特にお風呂場の断熱性を配慮しなければなりません。

古民家などの古い家のお風呂場は断熱性能が低いことが多く、どうしても冷えやすくなってしまいます。断熱性能の高い壁や二重サッシの窓にリフォームしましょう。お風呂場用の暖房もあるので、より暖かい空間を求めるなら暖房の設置を検討してください。浴槽のお湯が冷めやすい場合は、保温性の高い浴槽への交換がおすすめです。


まとめ:お風呂場のリフォームで健康的な暮らしを手に入れよう

入浴は衛生状態を保つために必須であり、ストレス解消の手段でもあります。快適なお風呂場があれば、健康寿命を延ばすことにもつながります。
寒い季節になってからリフォームをすると寒いので、今の暖かい季節にリフォームを検討されるのがおすすめです。