スタッフブログ

キッチンのリフォームタイプについてご紹介.

キッチンのリフォームタイプについてご紹介.

記事掲載日:

キッチンのリフォームには、既存のキッチン劣化に伴う交換、クローズドタイプから対面式キッチンへなどレイアウトの変更、食洗器やディスポーザーなどの設備を付けるといったものまで、さまざまな種類があります。
今回はそんなキッチンのリフォームタイプについて、いくつかご紹介します。

キッチン劣化の場合は、最新式のシステムキッチンに交換して快適に

お悩み

独立したガス台を乗せたり、瞬間湯沸かし器を壁に設置して使っている昔ながらのキッチンを使っていますが、かなり年季も入り、油汚れも取れにくくなってきました。
そろそろ思い切って、シンクの広いシステムキッチンに交換したいと思っていますが、リフォーム工事は大変でしょうか?

リフォームのポイント

シンク、調理器などが一直線になっているI型キッチンで、サイズもおおよそ同じでスペースにも変更が無く、給排水管やガス管の位置が同じ箇所の場合には、それほど難しい工事にはなりません。
換気扇や調理器にこだわったり、戸棚や引き出しの素材に高価なものを選んだりすると、金額は上がります。


家族の顔を見ながら料理したい人には、開放感のある対面式キッチンがおすすめ

お悩み

キッチンとダイニングが隣り合わせにはなっていますが、調理中は壁に向かって一人でがんばっている感じがしてとても寂しいです。家族にも気軽に手伝ってもらえるようなキッチンが理想なのですが…。

リフォームのポイント

いわゆるクローズドキッチンのメリットは、壁面を収納として有効に使えることですが、調理中は壁に囲まれて一人で籠る形になってしまうのがデメリットです。
そんな場合には、思い切って対面式タイプへのリフォームがおすすめ。小さなお子さんがいるご家庭では特に目が届きやすいとの理由から、対面式キッチンはとても人気が高いです。
上記のI型システムキッチン入れ替えとは違い、キッチンスペースとダイニングの間に壁がある場合にはその壁を取り外したり、新たに腰壁を設置したりといった必要が出てきます。
アイランドタイプにする場合には、デザイン性が高いものが多いため、リフォーム費用が高額になることが多くあります。


設備の入れ替えや新設で、時間の節約に

お悩み

家族も増え、妻の職場復帰も近いことを考えると、キッチン設備をもっと便利なものに変更したほうが良いのだろうかと悩んでいます。

リフォームのポイント

ガスコンロを2口のものから3口のものへ替えたり、食洗器の導入で、時間も体力も節約することが可能です。
設備の交換はガスからガスなど、同じタイプのコンロであれば工事費はあまりかからず、設備費をどんなグレードにするかによって費用が変わってきます。
また、食洗器も同様で、新設する場合には給排水管も新たに整えたり、コンセントも用意したりということが必要になります。


まとめ:キッチンのリフォームで、気持ちも新たに楽しく調理タイムを

家の中でもキッチンは、実際に使ってみてから「こうすれば良かった」と気が付く点が出てくるスペースでもあります。
システムキッチンの入れ替えやレイアウトの変更など、大掛かりなリフォームもあれば、設備の入れ替えといった比較的簡単にできるものまで幅広くありますので、キッチンのリフォームで気になっていることがありましたらお気軽にご相談ください。

山根木材のリフォームショールーム一覧