スタッフブログ

防犯に強いリフォームで安心な生活を.

防犯に強いリフォームで安心な生活を.

記事掲載日:

ご自宅に防犯設備はありますか?
最近でマンション同様の防犯設備がそなわっている家も増えてきています。
今回は防犯カメラ、防犯ガラス、玄関の鍵など防犯に強いリフォームについてご紹介させていただきます。


どんな人物かが特定できる防犯カメラこそ空き巣を未然に防ぐ

ご自宅のリフォームといえば古くなった天井や壁、床の貼り替えや、キッチン、お風呂などが一般的ですが、防犯に強いリフォームも多くあります。
不審者の侵入や空き巣被害を防ぐ「防犯に強いリフォーム」をされてみませんか。

自宅の防犯といえば、何よりも「防犯カメラ」の設置をおすすめします。
防犯カメラの大きなメリットは、空き巣に「身元」の特定をされてしまう不安を与え、自宅への侵入を諦めさせる効果があります。
中には、本物の防犯カメラ1台だけ設置し、残りはダミーカメラを設置する方もいらっしゃいます。見た目上、複数台のカメラがあるので大きな防犯効果が期待できます。


防犯ガラス、面格子をつけるだけでも空き巣はあなたの家を素通りしてくれる

空き巣の侵入経路は家のどこから入るのが一番多いと思われますか?
侵入経路で一番多いのは「窓」です。
警察庁の調査によると、一戸建ての住宅の空き巣被害の実に60%が窓からの侵入といわれています。
防犯の観点からみると、空き巣が入りにくい「窓」に変えることが効果的です。窓のリフォームをされる際は、侵入に時間がかかる「防犯ガラス」にするのもおすすめです。
防犯ガラスは2枚のガラス板の間に強靭で厚い中間膜や特殊な板(ポリカーボネード板)を挟んでいて、ドライバーによる「こじ破り」、バールなどによる「打ち破り」に強い抵抗力があります。
小窓には面格子を取り付けることや、1階の窓を部分的に防犯ガラスにリフォームするだけでも侵入を未然に防ぐ可能性が高くなります。


玄関ドアからの侵入 約70%が鍵のかけ忘れ!忘れても安心自動施錠機能!

統計によると玄関から侵入された約70%が、家主の玄関ドアの鍵のかけ忘れが原因で空き巣被害にあっています。
空き巣の玄関ドアの「施錠破り17%」の約4倍の数字となっています。家主が玄関の鍵をかけないまま、買い物や用事に出ているちょっとした間に、空き巣被害にあっているケースが多いようです。
玄関ドアのリフォームでは、自動施錠機能が付いた玄関ドアに替える家が増えています。鍵のかけ忘れを防ぐことができ、大幅に空き巣の被害から家を守ることができます。


防犯に強いリフォームの秘訣は空き巣に侵入を諦めさせること

家をリフォームする際に、防犯を意識したリフォームをする方は多くいらっしゃいます。
防犯に強いリフォームの秘訣は、「侵入を諦めさせること」です。
警視庁の統計では、空き巣の実に50%が「2分~5分」以上侵入に時間がかかったら諦めるといわれています。
防犯に強いリフォームをすることで、安心した生活を送ることができます。
ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせページはこちら→資料請求・お問い合わせ