スタッフブログ

古民家やマンションで二世帯で暮らすための子供部屋のリフォーム.

古民家やマンションで二世帯で暮らすための子供部屋のリフォーム.

記事掲載日:

古民家やマンションに二世帯で暮らしている、これから一緒に住みたいと思っているご家族は子供部屋のリフォームをご検討されている方も多いと思います。そこで今回は、子供部屋のリフォームについてポイントをまとめてみました。


動線にこだわる

お子様とのコミュニケーションというのはとても重要です。いつでも側で見守ることができるように、リビングとつながる動線などの工夫が重要です。小さい頃から家族皆で過ごす習慣をつけることで、思春期に入っても良いコミュニケーションが取りやすくなります。


ロフトを有効活用

古民家やマンションの子供部屋のリフォームの場合、スペースが限られていますので、ロフトにリフォームして部屋のスペースを有効活用します。ロフトリフォームすることで、お子様のプライベート空間を作ってあげることが可能です。


居心地のいいリビングとカラフルでかわいい子供部屋

家族が集う空間と言えば“リビング”です。古民家やマンションなどの二世帯で、居心地のいい空間のカウンターキッチンとリビング、子供部屋は“かわいい”などウキウキするようなテーマにしたリフォームも可能です。家の外観はそのままでも、子供が過ごす空間はとびっきりお気に入りの空間にしてあげましょう。カラフルな壁紙を使用したり、遊具として使えるようなインテリアもおすすめです。


子供部屋リフォームの相場

二世帯住宅などでリフォーム工事を検討されている方が、一番気になるのは“リフォーム費用”だと思います。それぞれのご家庭でのご予算があると思いますが、一体どのくらいの費用が必要なのでしょうか?

クロスの貼り替え

子供部屋のクロスをカラフルに貼り替えるなら、貼り替えスペースの広さにもよりますが10万円〜30万円(※)くらいの予算で貼り替えが可能です。1面だけ貼り換えたい場合はもっと低コストでのリフォームが可能です。

ロフト

子供部屋にロフトを付けたいとか、子供部屋代わりにロフトを付けたいという場合は約40万円〜(※)リフォームが可能です。ロフトだけか、ロフト+αで、その下に机やクローゼットスペース、遊び場スペースを作るなどによって費用がプラスされてきます。

動線

子供部屋をリビングから動線を作る際のリフォーム金額の目安は、約130万円〜(※)の予算が必要になってきます。クロスを貼り替えたり、子供部屋との境界線のドアをスライド式などにして全開放できるように変えたりすることも可能です。


まとめ

古民家やマンションなど、二世帯住宅の子供部屋のリフォームで重要なのは、お子様との距離感を保てる部屋作りをすることです。近すぎず、遠すぎず、子供部屋のリフォームは家族との関わり方を左右するといっても過言ではありません。家族みんなが楽しく過ごせる、そんな素敵な子供部屋のリフォームを行いましょう。

※リフォーム費は相場の金額です。


古民家のリフォーム事例を見る