スタッフブログ

洗面所のリフォームのポイントを解説。広くて快適な空間を実現.

洗面所のリフォームのポイントを解説。広くて快適な空間を実現.

記事掲載日:

洗面所はカビや湿気、収納スペースの狭さといった悩みが多い場所です。でも、ちょっとしたリフォームでもとても快適な空間に生まれ変わらせることができます。今回は洗面所のリフォームのポイントについてご紹介します。


洗面所の狭さは、収納スペースの増設で解決

お悩み

我が家の洗面所はとても狭く、すれ違うのでさえ苦労します。収納スペースも少ないので、石鹸などを適度にしまっておくこともできません。マンションですから大幅なリフォームも難しい状態です。何とかしてもっと使いやすくできないでしょうか。

リフォームのポイント

「狭い洗面所を何とかしたいけれど、そもそも広げられるスペースがない」という状況はよくあります。でも、以下のような工夫をすれば、洗面所や浴室のスペースを効率よく利用することができます。

壁面に収納スペースを増設

洗面所の壁や天井などは、意外と広い空間があるものです。壁に収納スペースを設ければ、ものが乱雑に散らかることもなくなり、より使いやすい洗面所になります。

大型のボウルを採用する

洗面所のスペース自体はそれなりでも、ボウルが小さいために狭く感じてしまうことは珍しくありません。リフォームで大型のボウルに交換すれば、洗面所の面積を変えることなく、2人で使える洗面所を実現できるでしょう。

浴室のスペースを削る

洗面所は狭いけれど浴室は十分に広い場合、浴室のスペースを削って洗面所を広げる方法もあります。浴室と洗面所の同時リフォームを検討してみてください。


寒い洗面所には、断熱性の高い壁・床・窓がおすすめ

お悩み

古民家をリフォームした家に住んでいるのですが、洗面所が非常に寒く、冬以外でもヒーターを使っている状態です。元が古いので仕方ないのかもしれませんが、できればもう少し暖かくならないでしょうか。

リフォームのポイント

洗面所は日光の届きにくい場所にあることが多く、湿気のせいもあって寒くなりがちです。市販のヒーターを置いてもいいのですが、やけどや火事の危険もあるため、できれば根本的な対策が求められます。

おすすめなのは、壁や床、窓などを断熱性の高いものに取り替える方法です。1年を通じて一定の室温を保てるでしょう。さらに暖かさを求める場合は、洗面所専用のヒーターを設置するのも有効です。


湿気やカビは、通気性を高め湿気に強い素材で対策を

お悩み

両親と同居することになったため、実家を二世帯住宅にリフォームする計画を立てています。特に問題なのが洗面所の湿気で、常にジメジメしており頻繁にカビが生えてしまいます。洗面所から湿気を取り除く方法はあるのでしょうか。

リフォームのポイント

洗面所のような水場のリフォームでは、湿気対策が最優先課題です。主に以下の2つの方法を使います。

通気性を高める

窓の設置・大型化、障害物の除去などによって風通しをよくすれば、湿気を防ぐことができます。光を入れたくない場合は、窓ではなく換気扇を設置しましょう。

湿気に強い壁材や壁紙を使用する

調湿機能の高い壁材や壁紙を使えば、洗面所の湿気を適度に保ってくれます。珪藻土、漆喰、機能性タイルなどを使いましょう。


まとめ:洗面所をリフォームし、家族が快適にすごせる家を作ろう

生活空間の良し悪しは、住む人の健康状態に大きく影響します。より住みやすい家にリフォームすれば、健康寿命を延ばすこともできるのです。家族みんなが安心してすごせる家を目指し、洗面所をリフォームしてみましょう。

洗面所のリフォーム事例

カントリー調リビングの家