スタッフブログ

和式トイレのお悩みとリフォームのポイント.

和式トイレのお悩みとリフォームのポイント.

記事掲載日:

日本の家の木造住宅の寿命は“30年”と言われることがあります。一方で、100年以上も昔に建てられた、古民家と呼ばれる住宅が、今も現役で存在しています。
家の寿命というのは、それを超えるとすぐに住めなくなるというものではなく、メンテナンスせず暮らし続けたときの建築資材の平均的な寿命です。昔に比べて現在の建築技術は進歩していますし、資材も改良されてきていますので30年を超えた住宅でも適切なリフォームをして住み続けることは可能です。
今回は古い住宅のトイレのリフォームについて注目し、よくあるお悩みとリフォームのポイントをご紹介します。

和式トイレのお悩み

古民家と言われる家や、古いマンションでは「昔ながらの和式トイレ」が設置されていることがあります。古いトイレの悩みとして、“狭い”、“暗くてじめじめする”、“臭いが気になる”、“掃除がしにくい”などがあります。また、和式トイレの悩みとしては、“落ち着かない”、“お客さんに使わせづらい”、“しゃがむ姿勢がつらい”といった問題があります。さらに古民家では、家から一度出たところにトイレがあることも珍しくありません。
現代のライフスタイルでは、明るくて清潔なトイレを生活空間の近くに設置するのは常識となっています。また、ウォシュレット付きの洋式トイレを好む人も多くなっています。
ひと昔前であれば、ご高齢の方は「洋式に慣れていない」ということで和式をご希望されることもありましたが、今は足腰のこと、介護のことを考えても和式から洋式へのリフォームが標準的です。
そんな和式トイレのリフォームについて、どのようなことを検討すべきでしょうか。

和式トイレのリフォーム

古民家や古いマンションが現在和式トイレで、リフォームをお考えの方はこのようなポイントをおさえてください。

設置する場所

昔の和式トイレは「汲み取り式」時代の流れをくみ、臭いが生活空間に及ばないよう敷地の端に設置されることが多かったものです。そのままの配置でリフォームするのか、もっと使いやすい配置に変更するか、よく検討する必要があるでしょう。

バリアフリー

バリアフリーに関して、いくつか検討すべきことがあります。まずは“広さ”の面です。一般的に、古い和式トイレは現代の洋式トイレより狭い場合が多いでしょう。車いすが入れるくらいスペースをとるのか、それとも介護が必要になった際に補助ができるくらいのスペースが必要なのか?トイレに対してのスペースで、壁や床の解体の有無が決まります。また、手すりや手洗い器などの設置についても考える必要があります。

リフォーム費用

トイレのリフォーム費用として「解体工事」、「枠工事」、「配管工事」、「便器処分」、「便器代」、「便器取り付け費用」などそれぞれのご家庭に合わせて費用が決まってきます。

まとめ

トイレのリフォーム工事では、生活環境に合わせたリフォームが必要ですので、費用の面や施工方法について不安なことなど、なんでもご相談ください。
今住まわれている家の良さを活かしたリフォームをご提案いたします。

トイレのリフォーム事例