スタッフブログ

南国フルーツ

南国フルーツ

記事掲載日:

ブログ 久しぶりの山根木材リモデリング 工事係の山本です。


まだ 暑い日もありますがだいぶ涼しくなってきました。3ヵ月もすれば冬です。

リフォームでも冬の寒さ対策は まだ 間に合います。

菜園に耐寒性のある品種のばバナナを植えて2年くらいビニールで囲ったり

なんちゃって対策をしていき冬越を試みますが冬の寒さに耐えれず毎年冬のうちに枯れていました。

そのため昨年のブログでお話しましたが しっかりした骨組でビニールハウスをつくり完全に囲いました。


春になりビニールハウスの天井をはずしてやると大きく成長していき、8月につぼみみたいなのが垂れ下がって

きて よく見ると垂れ下がった茎の付根くらいに小さなバナナがたくさんついてるではありませんか。 まだ

食べるには早いですが 南国バナナがなってますよ。

さすが しっかりした寒さ対策をすれば バナナは答えてくれました。

昨年までは ビニールで囲うだけで隙間風があったり ビニールごしの葉の上に雪が積ったりして

寒さに耐えれなかったのかな バナナ。


お家のリフォームでも 間取りだけのリフォームだけでは 隙間風はないにしても寒さが厳しくこたえます。

現在の断熱材は性能がよくなっているので、入替えだけでも快適になります。

冬だけでなく断熱は夏の暑さ対策にもなるんです。断熱計画をしっかり行ない 寒い冬、暑い夏に備えましょう。

菜園には南国パパイヤも実をつけてます。

もう 青パパイヤとして野菜感覚で食べれますが、完熟した南国フルーツとして食べたいので熟すのを待ってます。


週1回しか菜園に行けませんが バナナもパパイヤも菜園を通る友人が熟し具合を まだ早いとか食べれそうとか

毎日 報告してくれて おすそ分けをねらってます。

バナナのおすそ分けをねらってる友人より スイカがそうであったように 一番優位な立場でねらえているのは

カラスたちなんですけど。  カー カー