スタッフブログ

施工山本の城巡り~浜松城~

施工山本の城巡り~浜松城~

記事掲載日:

 城巡り~浜松城~


 12月30日。長篠城(愛知)から車で1時間、静岡県に入り浜松城に到着です。



 徳川家康岡崎城徳川信康(家康の長男)に譲り、新しく移った浜松城は歴代城主の多くが江戸幕府

の重役に出世したことから「出世城」といわれています。



 築城したのは明らかでないが16世紀前半、今川勢飯田氏が城主をおさめていた曳馬城

家康が1570年に入城し浜松城と改称して城の拡張と改修を進めますが、家康築城時の浜松城

は土造りで石垣、瓦も葺かれてなかったようです。



 1600年の関ケ原の戦い以後 引き継がれた歴代の城主によって改修が進められていきます。

堀尾氏の時に創建された天守は17世紀のうちに失い(天守台は当時のもの。本丸にあった二重櫓

が天守代用とされます。)天守門は江戸時代を通してあったようです。



 明治6年の廃城令により建物、土地は払い下げられ宅地化が進みますが天守曲輪本丸の一部

は開発を免れ浜松城公園となっています。



昭和33年に鉄筋コンクリート造の復興天守が再建されは浜松市の史跡として指定されています。

天守門は平成21年からの調査後、平成26年に復元されたものです。



城駐車場の展示物情報ですが天守石垣にはハート型の石が埋まっており、一応 撮っておき

ます。



もう一か所当時の石貼りでない気がしますが。




松江城の石垣、津山城の天守石垣にもありました。城好きの人や城施設側の人がよその城散策

した時にそういう展示を見て自分推しの城でも探してみるのかもしれません。



 そういえば鳥取城の大手門の石垣にもあったような気がします。



 他の城同様に浜松城は園内がで彩られ浜松市内で有数の桜の名所として毎年多くの

花見客で賑わいます。

 今年こそは以前の花見がしたいところです。



 

 昼食は浜松まで来たなら『浜松餃子』 と計画していましたが、お店がわからないので

次いきます。(浜松名物といえば鰻も有名でしたね。)


 浜松城から東へ30km、車で1時間のところに掛川城があります。城の写真集などで

必ず出てくる美しいお城です。 行ってみましょう。




 施工 山本


 次のブログ  城巡りシリーズ  前回ブログ