スタッフブログ

手すりの取付

手すりの取付

記事掲載日:

山根木材リモデリングの中村智恵です。

先日は、築40年くらいの古いOBのお客様のお宅の玄関に、手すりを取り付けする工事をおこないました。

90歳になるおばあさんが住んでいらっしゃるのですが、少し前に玄関で転んでしまったらしく、体のあちこちに打ち身ができたとおっしゃっていました。

幸い、骨折などの大ケガには至らなかったものの、今後のことを考えて、手すりをご提案させていただきました。

普段からお元気なことが仇となり、要介護や要支援の認定を受けていらっしゃらないので、介護保険が使えず負担が大きくなることや、和風の玄関に手すりを付けるのは格好悪いとのお考えから、当初は不要とおっしゃっていましたが・・・いろいろお話して、工事をおこないました。

これが施工前の写真です。

壁がジュラク塗りになっているため、よく触れる場所はジュラクが落ちてしまっています。

こちらが施工後の写真です。

薄い色の木の手すりなので、和風の玄関にも合っています。

取付後は、お客様に「もっと早く付ければ良かった」とおっしゃっていただき、とりあえず一安心です。

でも逆に、もっと早くご提案すれば良かった、と少し後悔している私なのでした。

M様、これからもどうぞよろしくお願い致します。