スタッフブログ

L型キッチンで回遊動線へリノベーション

L型キッチンで回遊動線へリノベーション

記事掲載日:

壁付けキッチンで窓がなく暗い。

キッチンの使い勝手を良くしたいけど、アイランド型や対面キッチンだと落ち着かない。

そんなお悩みをお持ちの方は、L型キッチンを使った回遊プランにリノベーションされるのはいかがでしょうか。

今日はマンションリノベーションで提案させていただいたプランをご紹介します。


キッチンプランのビフォーアフターがこちらです。




▼の部分が廊下からLDKへの入口で、プラン下側に南側の窓がある縦長LDKのプランでした。

キッチンは北側壁付けタイプで、家電・食器棚と冷蔵庫の陰になって、昼間もキッチンは照明を付けておられるとのこと。


そこでキッチンをL型にして冷蔵庫やオーブンレンジなどの家電を中央に集約し、キッチン左側にも通路を作って回遊できるプランをご提案しました。

キッチンへ採光がとれるので明るく、回遊できるようになったことで冷蔵庫やトースターなどにダイニングからもアクセスしやすくなります。

キッチンカウンターも広がり、L型キッチンになったことでキッチン内での移動距離も短くなりキッチン自体の使い勝手も良くなります。


リビングダイニング側から撮影した写真です。(スマホで撮影したため画質が良くないですが…)



また食器棚は、リビング棚と一体化して魅せるプランにしました。

こちらの壁一面に設けた大型収納は、右側が食器棚として、左がTVボードや書棚、飾り棚などのリビング棚として用途を分けています。



(本当はもう少し右側に棚が続くダイナミックな一面収納なのですが、スマホカメラでは一枚の写真に収められませんでした…)


ガラス扉の部分にはお手持ちのガラス食器等が映えるように照明を仕込んでいます☆

引越し直前のお忙しいところにお邪魔して撮影したため写真には家財が入っていませんが、

とっても素敵にレイアウトされています(^^)


戸建てのリノベーションにも応用できるおすすめプランです。


設計・Y