スタッフブログ

給湯器の凍結予防

給湯器の凍結予防

記事掲載日:

新年明けましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します。
さて年末は度々強い寒気が流れ込んできて雪が積もったところもありました。
また今晩からはさらに強い寒気が流れ込むそうです。
給湯器・水道管の凍結などが発生する恐れがあるので十分にご注意ください
そこで今回は給湯器の凍結予防について紹介します
現在普及している給湯器の多くは、凍結予防ヒーター(給湯器側)・自動ポンプ運転(風呂側)が凍結防止機能として備わっています。
いずれも外気温が下がることで自動的に作動しますが、注意点が2点あります。
1.電源プラグがコンセントにしっかりと差し込まれているか確認すること
2.浴槽の残り湯を循環金具より5cm以上ある状態にしておくこと(循環金具とはおいだきなどをするとき、お湯が出てくる部分です)

※機種により機能や使用方法は異なりますので、ご使用の給湯器の取扱説明書をご確認下さい。

以上2点をよく確認し凍結予防の準備を行ってください。


施工管理係 長谷生