スタッフブログ

外壁のセルフチェック メンテナンス時期はいつ?

外壁のセルフチェック メンテナンス時期はいつ?

記事掲載日:

雨や風、紫外線を直接受ける外壁。徐々にではありますが、年数が経つとやはり傷みも出てきます。
家の見た目を維持するだけでなく、私たち家族を守るためにも定期的にメンテナンスをする必要があります。
一般的に、10~15年に一度メンテナンスをするのが望ましいと言われていますが
こんな症状が見られたら早めに対処した方がいいというチェック項目を外壁の素材別にみていこうと思います。

少しでも気になることがありましたら、山根木材リモデリングまでお気軽にご相談ください。


サイディングボード

最近の住宅の外壁に使われる素材として主流なのがサイディングボード。
パネルになっており、施工が簡単・低コストということで多くの住宅に採用されています。


金属サイディングボード

表面がスチールやアルミニウム、ガルバリウムなど、金属鋼板でできたサイディングのことを言います。
裏打材には断熱性・防火性に優れた素材を使用しています。軽いので家屋への負担も少なく、デザインも豊かになってきました。
防カビ、美観維持のため、再塗装の目安は10~15年です。

★チェック項目

赤サビ・サビ

表面材の塗膜が傷つくと「赤サビ」が発生してしまいます。放置すると他のところも腐食していきます。
サビが広がったり、穴が開く前に適切な処置をしましょう。


窯業系サイディングボード

セメント質と繊維質を原料に、板状に形成した素材です。地震・振動に強く、防火・防音性にも優れており、最も普及しているサイディングボードといわれています。塗装の目安は7~8年。

★チェック項目

吸水性があるため、塗膜が防水機能を担っています。そのため、塗膜の劣化は建物の構造に大きなダメージを与えてしまう可能性もあります。

シーリングの劣化

目地のシーリングがヒビ割れしたり、痩せて隙間があいていると、そこから水が入ってしまいます。
その他、ボードの反りチョーキング紫外線による色褪せ爆裂(寒冷地)が見られるなら、メンテナンスを考えましょう。


モルタル

セメント・水・砂を混ぜて練った材料です。
施工が簡単・低コストのため、吹きつけ仕上げ材としてよく使用されていました。
防火性に優れており、仕上げ工法によって表情が変わるデザインの自由度も魅力の一つです。
適切なメンテナンスをすると30年以上の耐用年数があるといわれているモルタル。10~15年を目安に再塗装をしましょう。

★チェック項目

素材そのものが水分を吸収するため、水分の吸収・乾燥を繰り返すと、ヒビが発生してしまいます。

モルタルの剥離

塗装した膜が膨れたりする症状です。原因は、劣化による付着力の低下。

カビ・こけの発生

外壁のこけを放置しておくと、カビになります。排撃の劣化や汚れを付着させてしまいますので、早めに対処しましょう。


ALC

コンクリートを軽量気泡化したパネルの事です。
断熱性・耐火性・耐久性に優れ、マンションなどに使用されることが多いです。目安は10~15年です。

★チェック項目

ALCには防水性がほとんどありません。そのため、仕上げに使う塗料に防水性を求めます。塗装が劣化したまま放置してしまうと、内部からボロボロになってしまいます。手遅れになると下地の補修からすることになりますので、要注意項目をしっかり確認して早めにメンテナンスを行いましょう。

チョーキング

外壁を手でこすると白い粉がつく症状です。顔料が劣化して粉状になっているためにおきます。

紫外線による退色

日当たりのいい箇所が変退色している症状。

コーキングの劣化

パネルのつなぎ目のコーキングが劣化していると、そこから水が入ってしまいます。


コンクリート

水・セメント・砂・砂利を混ぜ合わせたコンクリートは、外壁材の中で最も強度があります。また、音が漏れにくいという防音性にも優れています。塗装の目安は10~15年です。

★チェック項目

経年劣化で防水効果が衰えると、コンクリート内部に水が浸み込み、専門的な改修が必要になってきます。

クラック

塗膜の硬化や下地の素材(構造躯体)が割れて起こるひび割れ。

鉄筋爆裂

クラックや打ち継ぎ目地などから雨水、炭酸ガスなどが侵入して忠誠化が進行します。そうなると内部の鉄筋を腐食して爆裂を発生させてしまいます。


トタン

現在は外壁として使用されることはあまりないトタンですが、築30年以上の住宅によく使われていました。
外壁に使用されているのは、木目調の塗装をされた「プリント」といわれるものが多いです。
金属でできているので、防水紙・耐久性に優れているのが特徴です。7~8年を目安に再塗装しましょう。

★チェック項目

反り

チョーキングにより、水をはじかず吸収したボードが乾いて沿ってしまう現象です。

白サビ

海の近くや高温多湿な状況下で発生しやすい白い斑点が白サビです。トタンの表面メッキに含まれる亜鉛が酸化して表面に出てきてしまうことで発生します。定期的に水などで洗い流すと防止できます。


羽目板

木材は乾燥収縮が起こって割れる可能性があるので、厚い材料を使用しています。塗装目安は10~15年。

★チェック項目

板の重ね部分が不十分だと、つなぎ目から雨水が入り込むこともあります。
外壁の変化を注意しながら、しっかりとしたメンテナンスが必要です。

変色

屋外の木材は、紫外線と雨によりシルバーグレーに変色してしまいます。

腐食

木材は微生物の餌となる成分で構成されています。そのため、条件がそろえば木材腐朽菌やカビなどが繁殖して生物汚染が生じます。
寒さや直射日光に強い担子菌が原因で、乾湿の変化が激しい場所や寒暖差の大きい場所でもよく生育・繁殖してしまいます。


まとめ

外壁の要注意項目、いかがでしたでしょうか?

皆様のおうちにこれらの症状がなければ安心ですが、少しでも気になることがありましたらお問い合わせいただければと思います。
外壁の点検と合わせて、屋根の点検もさせていただきます。
屋根の劣化は気づきにくいですので、プロに任せていただければと思います。


関連記事