スタッフブログ

子ども部屋の模様替え ~小学生のお部屋~

子ども部屋の模様替え ~小学生のお部屋~

記事掲載日:

こんにちは、

シリーズでお伝えする「子ども部屋の模様替え」2回目は、「小学生のお部屋」をお伝えします。


小学校に上がり 学習机を配置すると、「自分の部屋」という認識がわいてきます。

ランドセルや学用品、長く使っていくものもどんどん増えていきます。

かといって、子ども一人で 急に「片付け」はできませんよね。

低学年のうちは、今までどおり、片づけやすい「見える収納」がおすすめです。


ただ、学用品だけは、「どこ」に「なに」があるのか 子ども自身が忘れないように、一緒に片づけてあげるといいと思います。
時間割チェックと同じ感覚ですね。

制服がある場合は、定位置に掛ける習慣も忘れないように。


だんだん成長してくると、見える収納から、見せたい収納へと変わっていきます。
そんなときは、プロ仕上げのモノから、市販のカラーボックスまである、オープンラックがおすすめです。

「おもちゃを飾りたい」という希望も、指定場所を決めてあげると ごちゃごちゃにならずにスッキリ見えますよ。

自分で飾ることにより、リビングで勉強していた子どもも、好きなものに囲まれた、自分の部屋で勉強するようになるでしょう。


学習机の配置は低学年のうちは、ドアに近いほうが 子どもは近寄りやすいです。

高学年になり学習量も増えてくると、ドアから離れた部屋の奥側が落ち着いて学習できるようです。

子どもさんの考えをくみ取りながら、素敵なお部屋にしてあげてください。


次回は「中高校生のお部屋」をお伝えします。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    広島北ショールーム 増田


関連記事