スタッフブログ

子ども部屋の模様替え

子ども部屋の模様替え

記事掲載日:

こんにちは!


新型ウィルスの感染拡大により、国民生活が大きく変わり、不自由な生活がしばらくつづきそうですね。

小中高と、学校もお休みになり 子どもたちは毎日 今までにない日々を送っています。

せっかくの進級・進学の時期ですので、自分たちでできる模様替えから、プロに頼んで出来る模様替えを 4回にわけてお伝えしようと思います。

お家で過ごす この時期に、ご家族で模様替えを楽しんでくださいね。


1回目は、「幼稚園・保育園さん」のお部屋のこと。

お部屋はあるけど、「おもちゃ部屋」になっているケースが多いようです。

子どものモノはカラフルで小さかったり、とてつもなく大きかったり、なにより種類が多い。
ほんと、片付きません。

そこで、隠す収納より、見える収納はどうでしょう。「見せる」ではなく、「見える」がポイントですよ。
中身が見えないと、手にとらなくなって 遊ぶ出番はなくなってきます。
あげくの果てに、おもちゃは行方不明。大捜索しないといけません。

透明のものに小分けに入れる。

ふたのない 浅めのカゴや BOXに入れる。

自身で「入れ物に入れる=片づける」という動作が出来ればよいので、おもちゃの仕分けは、気づいたときに大人が手伝ってあげれば いいと思います。

人間の情報認識は9割弱が「目」からと言われています。

見えることによって、「見つける → 遊ぶ → 片づける」の動きが、小さいころからスムーズに身についてくるといいですね。

もちろん収納の高さは、お子様の目線に合わせて、低くお願いします。

棚の上の空いた空間は、ピクチャーレールなどを取り付けて、力作の絵や作品を飾ってあげてください。


次回は「小学生のお部屋」をお伝えしたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    広島北ショールーム スタッフ一同


関連記事