スタッフブログ

キッチンのお手入れについて

キッチンのお手入れについて

記事掲載日:

こんにちは、設計の森です。


新型コロナウイルス感染拡大の影響で各メーカー住宅設備機器の納期遅延が発生しています。


システムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレなど。


インテリア製品も、塩ビタイル、クッションフロアなど出荷遅延の可能性があると発表されました。


住宅メーカーにとっては大打撃です。


壊れても希望の商品と取り替えることが難しくなっています。


食器洗い乾燥機が壊れたならまだ我慢できます。


でもコンロが壊れたら料理ができないですよね。


今できることは、壊れないようお手入れして長持ちさせるしかありません。


そこで今日は、キッチンのお手入れについて書きたいと思います。





キッチンの汚れといえば油汚れ。


そんな油汚れもこまめにお手入れすれば、洗剤などを使わなくても落とせます。


環境にもやさしく肌荒れも心配もない。


そしてキッチンはいつもピカピカ!



□■ 食器洗い乾燥機 ■□


<ふだん>

・内部に汚れをためないこと

・使用後に掃除することを習慣にする

・ゴミ受けフィルターのゴミを捨てて水洗いする


<ていねい>

1、庫内を空にして標準運転する

2、洗浄後にカゴとノズルを外して水洗いする(ビルトインの場合)

3、外側は台所用中性洗剤を薄めた水で拭き掃除




□■ ガスコンロ ■□ 


※コンロの掃除はガスの元栓を締めて行ってください


<ふだん>

・温かいうちに拭き掃除(錆防止にから拭きで仕上げ)

・使用後に掃除することを習慣にする


<ていねい>

■ゴトク・受け皿

1、ゴトクや受け皿は、台所用中性洗剤を溶かした35~40度のお湯で5~10分つけおきする

2、汚れがゆるんだら、スポンジなどを使いクリームクレンザーをつけてこする

3、最後にお湯で流し、しっかりと水気を拭き取る


★ポイント

換気扇フィルター、コンロのゴトクは食器洗い乾燥機でも洗えます。

高温のお湯で油汚れを浮き上がらせるのでお手入れも簡単です。

フッ素コーティングしてある場合は、洗剤を入れずに洗いましょう。


■バーナーキャップ

・バーナーの穴に竹串を差し込んで掃除する

※掃除が終わったら元の位置に戻してください。
 正しい位置に乗せないと着火不良の原因になります。


■トッププレート

1、台所用中性洗剤をスポンジにつけ、円を描くように磨く

2、デコボコしたところは布を巻き付けた割りばしを使ってこすり落とす

3、水拭き後、から拭きで仕上げる


■操作部分

1、台所用中性洗剤を布につけ拭き掃除

2、水拭き後、から拭きで仕上げる




□■ レンジフード ■□


※電源を切ってから行いましょう


<ていねい>

1、フィルターを取外して、ぬるま湯で濡らしブラシでこする

2、台所用中性洗剤をスポンジにつけ、仕上げ磨きをする

3、ぬるま湯で濡らした軽く絞った布で、フード内や外側も拭く

4、水拭き後、から拭きで仕上げる


<さらにていねい>

1、電源を切り、換気扇やシロッコファン・整流板・オイルパックなどを外す

2、ぬるま湯で汚れをゆるめて、台所用中性洗剤をつけたスポンジで拭く

3、落ちにくい汚れはブラシにクリームクレンザーをつけてこする

4、水拭き後、から拭きで仕上げ


※製品によっては部品や仕様が異なりますので、作業前に必ず取扱説明書をお読みください。




普段からお手入れをすれば、住宅設備機器も長持ちします。


皆さんも今できることをやってみてくださいね。


広島のリフォームなら山根木材までご相談を。




※画像・お手入れ方法 TOTO出典・参考