スタッフブログ

2階給湯配管からの漏水事故

2階給湯配管からの漏水事故

記事掲載日:

リモデリング施工係の神垣です。

スタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。今回は、私が新築工事担当をしました物件で、引き渡し後、20年目の建物で、1階ホール天井から漏水が発生しました。

現場確認に訪問してみると、2階キッチンへの給湯配管(銅管)から経年で小さな穴があき、そこから漏水していました。

以前は、どの住宅でも給湯配管は、銅管配管が主流でしたが、最近は、経年による穴あきや、配管ジョイントからの漏水防止のため、架橋ポリエチレン管やポリブデン管を使用しています。(ホースのため、配管途中での漏水事故はほぼゼロです。)

現在の新築住宅は、給水・給湯配管ともこの方式に変更されています。

今回は、銅管から架橋ポリエチレン管に変更して改修工事を実施しました。

今回の事例のように2階配管からの漏水事故で、天井石膏ボードや、クロス貼り等の費用は火災保険が適用になり、お客様の負担が少なくなり喜ばれました。

建物で、事故が発生した場合は、加入している火災保険会社に連絡してみてくださいませ。

加入している保険内容により保険金が下りる場合もよくありますよ。