スタッフブログ

施工山本の城巡りその7 ~松江城~

施工山本の城巡りその7 ~松江城~

記事掲載日:

前回のブログはこちら↓
施工山本の城巡りその6 ~備中松山城~

城巡り~松江城~

備中松山城を10時に出発、松江城についたのは12:50でした。

松江城は島根県松江市にあります。
入母屋屋根の破風板が羽を広げたように見えることから「千鳥城」とも呼ばれています。

江戸初期の築城ですが、鉄砲戦に備えた黒塗の板貼りの実戦的な様式を残す作りで
築城した堀尾氏3代のあと京極氏、松平氏と受け継がれたお城です。
古い町並みとお城が観光化され、堀には遊覧船が出ています。

築城当時から残る内濠を午前中、山城散策に足ががくがくでしたが
平城でありお城の階段も今どきにつき直してあったので
松江城は大変歩きやすい整備されたお城です。

わかりますかね、まん中くらいにある
ちょっとななめのハートの石。

最近はこれが縁結びのスポットとして人気があり、
みんながさわるのでこの石だけこけがついていません。

足元がとにかくいいので歳をとってからも散策しやすく、
城のまわりには小泉八雲記念館や武家屋敷、松江資料館があり、
出雲大社や玉造温泉、境港を合わせて旅行の計画をするのもいいと思います。

施工 山本


次のブログ 城巡りシリーズ 前回ブログ