スタッフブログ

施工山本の城巡り ~福知山城・竹田城~

施工山本の城巡り ~福知山城・竹田城~

記事掲載日:

城巡りブログも5つ目となりました。
(前回 彦根城

実はこの城巡り、GW中の出来事を少しずつ小出しにしておりまして
少し時間軸がずれていますがご了承ください。

城巡り~福知山城~

朝早くに彦根を出発、琵琶湖を琵琶湖大橋から横断し京都府福知山にむけ移動。
GWだったためか京都市内が渋滞し福知山城についたのは昼を過ぎていました。

福地山城は1579年丹羽平定に成功した明智光秀が
丹羽の拠点として新たな城を築いたのが始まりとされています。
山陰道を抑える要衝地であるこの城は
戦乱の時代、体制がかわるたび城主がかわり、
順次整備が進められていきました。

明治の廃城令で取り壊されますが1986年に天守が再建されました。
現在、天守内部は郷土資料館になっています。

街の普通の家の中、お城が小高い丘にポツンと立っているイメージです。
そこまで福知山城にこだわっているわけではなかったので、
外観をぐるりとまわって見てみるだけにしました。


城巡り~竹田城~

続いて向かった先は、今回のお城巡りで行きたかったお城の最後です。

兵庫県朝来市“天空の城”竹田城へ向かいます。
福知山城から山を越え一時間で竹田城につきます。

竹田城は、最近の城ブームを盛り上げた城のひとつですが
この地域は秋の晴れた朝に濃い霧が発生することがあり
この朝霧の中竹田城跡は浮いている城のように見え「天空の城」と呼ばれています。

竹田城は石積みが残るばかりなので
城の山には登らず、向かいの立雲峡に登り、城跡全景を撮影します。

この時期(GW)はさすがに霧が発生しないので
雲海に浮かぶお城の撮影とはいきませんが城跡の全景はよく見えます。

頂上まで3か所展望台があり、登れば登るほどよく見えるなら…と登っていきましたが、
登れば登るほど城から遠く離れていき見えにくくなりました。

タブレットでなく倍率の高い望遠カメラが必要ですね。

立雲峡の駐車場には雲海に浮かぶお城の大きな写真が掲示してあります。
事務所の人にブログに載せることをことわり載せておきます。

すばらしい景色です。

ここでGWに訪れた城巡りブログは終了しますが
私の城巡りはまだまだ続きます!
ぜひ次回もお待ちください

施工 山本


次のブログ 城巡りシリーズ 前回ブログ