スタッフブログ

エアコンの畳数の意味を知っていますか?

エアコンの畳数の意味を知っていますか?

記事掲載日:

みなさま、こんにちは。
設計の森です。

みなさん、エアコンを買うとき部屋の大きさを調べて買いませんか?

この洋室は12畳だから、12畳用のエアコンを買おう!って。

すべての家に言えることではないのですが、
これって過大能力のエアコンを買っているのです。

木造なのか鉄筋コンクリート造なのか
戸建てかマンションか、で違いもあります。
階数、方角、使用状況でも違ってきます。

まず、エアコンの畳数って何が基準かご存じですか?

畳数表示は1964年に制定

畳数表示は1964年に制定されてから一度も変わっていません。

今年が2019年ですから、55年前です。

私は38歳ですので、まだ生まれていません・・・
生まれたころは、五右衛門風呂に入っていましたからね。

それから考えても家はかなり進化しています。

でも、エアコンの畳数は、
55年前の「無断熱住宅」に合わせて表示されているのです!

カタログには「木造6畳~鉄筋8畳」などと記載されています。

昔の家と今の家、断熱性能が同じわけないですよね。

そして、部屋の向きや階数など、使用される環境で
必要なスペックは大きく違うはずなのに。

基準となる畳数表記がざっくりすぎますよね。

ではエアコンを選ぶ基準は?

電力中央研究所が作成した「エアコン選択支援ツール」
というものがありますので参考にしてみてください。

このツールは、居住地域(広島がないですが・・・)や
住宅性能、部屋の向き、階数、使用状況などをもとに、
最適なエアコンを選定できるというものです。

<エアコン選択支援ツール>

https://criepi.denken.or.jp/asst/
出典:電力中央研究所<エアコン選択支援ツール「ASST」>

このツールの開発経緯として、

「従来の畳数めやすを用いてエアコンを選定すると、
 現在の住宅の熱負荷値から求めたエアコンよりも
 過大な冷暖房能力の機器が選ばれ、
 消費電力量の増大につながることが指摘されています。」

と書かれています。

さらに、

「エアコン選定の判断材料のもとになっている
 規格等の調査やメーカ等へのヒアリング、
 Web調査(のべ約3000人)を行い、抽出された課題に基づき
 新たなエアコン選定方法の検討を行いました」

とのことで、かなりリアルな内容となっています。

つまり断熱をしっかりした家であれば
光熱費のかからない小さなエアコンでも十分、ということです。

断熱が大事!ということが皆様にも伝わったと思います。

壁・床・天井の断熱材や断熱サッシ…

みなさんのお家はいかがでしょうか。

断熱リフォームのことなら、ぜひ山根木材にご相談ください!

関連記事

かしこくお得にリフォーム

健康寿命を延ばす住まいに必要なポイント