スタッフブログ

施工山本の城巡り~彦根城~

施工山本の城巡り~彦根城~

記事掲載日:

山根木材リモデリングのブログをご覧いただきありがとうございます。
お待たせしました。城巡りブログ第4弾です。

城巡り~彦根城~

前回の福井の丸岡城を陽が暮れてから出発、滋賀県彦根城をめざします。

琵琶湖縁の下道を進むと夜10時頃には彦根市の25時まで営業のスーパー銭湯に到着。
時間いっぱいまで食事とお風呂と仮眠をとり、あとは車中泊です。
国宝彦根城はひこにゃんなどPRも上手にされており観光客も多いだろうと読んでいました。

金沢城で駐車場に入れるのが大変だったことを思い出し
早朝5時にはお城公園内の天守に一番近い駐車場に一番のり、
準備の人がゲートをすぐ開けてくださったので助かりました。

観覧時間は8:30からですが、地元の方が城の中を散歩しておられたので
一緒についていきました。

彦根城は井伊直継、直孝によって20年ほどかけて建てられ、
それまであった佐和山城、安土城、長浜城、大津城の石垣や構造材が使われ
1622年に完成されました。

天秤櫓(てんびんやぐら)は秀吉の長浜城の大手門を移築したといわれており
廊下橋を中心に左右対称の櫓が立つ姿が天秤に似ていることからその名前がついたそうです。
橋のむこうにみえる天秤櫓はみごとなものです。

天守内は観覧時間前だったので見学せず、天守の外観のみ見ながら
散歩の人の早足についてまわりました。

ひこにゃんは登場時間が表示されておりましたので、常時いるわけではないようです。
(写真のひこにゃんはパネルです。)
駐車場近くに戻ってくると観覧開始時間が迫ってきており車も人も増えていました。

下屋敷の庭園である玄宮園から庭越しに見るお城がすばらしいらしいのですが、
次回にとっておこうとつぎは琵琶湖を横切り京都福知山城に向かいます。

施工 山本


次のブログ 城巡りシリーズ 前回ブログ