スタッフブログ

内窓の効果

内窓の効果

記事掲載日:

みなさま、こんにちは。
設計の森です。

今日は、内窓のリフォームについて書いてみました。

内窓って何?と思われる方がいると思います。

簡単に言うと、今あるサッシ(窓)の内側に
もう一枚サッシ(窓)を取り付けるというものです。

内窓、二重窓、二重サッシ、インナーサッシ・・・いろいろな呼び方があります。
通常の窓よりも防音性、断熱性が高く、防犯の面でも強くなります。

そんな高性能な内窓についての知識をご紹介いたします。

内窓って?

内窓は二重窓ともいわれる、窓ガラスを2列配置したもののことです。
複層ガラスまたはペアガラスとよく間違われますが、
複層ガラスは2枚のガラスで構成したもののことで、内窓とは異なります。

内窓の構造

現在の窓に追加で設置された窓を内窓(二重窓)と呼びます。
内窓は防音性、断熱性に優れています。

最近では結露によるカビの抑制などに優れていることから、全国各地に広まりました。

内窓の持つ4つのメリットと、3つのデメリットについて

内窓のメリット

  • 断熱性が高い
  • 防音性が高い
  • 結露しにくい
  • 防犯性が高い

これらのメリットは、内窓の構造によって生み出されます。

窓を2枚にすることにより部屋の気密性が高まり、断熱性を高めます。
気密性が上がることから、防音性も同時に高まります。
窓が2枚になるため、外気によって冷える窓と室内の温かい空気に触れる窓が分かれ、
結露を抑制することができます。
その結果、防カビ効果が期待できます。
さらに、窓が二重になることで空き巣など犯罪者が侵入しづらくなります。
侵入しづらい家は中に入るまでに時間がかかるため
発見や通報されるリスクが高まり、結果、防犯性が高くなるということです。

内窓のデメリット

  • 普通の窓よりも価格が高い
  • 気軽に換気ができない
  • 掃除が大変

一番のデメリットは、通常の1枚窓よりも価格が高くなる点です。
また2回窓を開けなくてはならないため、1枚窓と比較すると窓を開けきるまでに多少時間がかかります。
室内の換気をパッと行えないというデメリットになります。
同時に、窓を2枚掃除する必要があるということもデメリットの1つです。

取り付けイメージ

マンションでの内窓リフォームを行う際の注意点

戸建ての窓であれば、構造上の問題さえクリアしてしまえばリフォームが可能です。
しかし、マンションには「共有部」「専有部」という特有の問題があります。

マンション特有の「共有部」「専有部」

戸建と違い、マンションは基本的にご自身の世帯以外の方も住んでいます。
そのため、他の方と共有する施設や場所があります。
駐輪場、廊下、階段やエレベータなどです。

そういった共有する部分を「共有部」と呼び、
自己判断でリフォームすることはできません。

逆に、自室など他の方と共有していない場所は「専有部」といいます。
基本的には自己判断でリフォームが可能ですが、
マンションの規約の問題があったり、

工事内容によっては左右上下の部屋に迷惑がかかったりするので注意が必要です。

マンションを内窓リフォームするにはどうしたら良いか

先ほど説明した通り、共有部は自己判断でリフォームすることはできません。
必ず管理組合などに確認を取りましょう。

また専有部であっても、マンションの規約によっては
リフォームができないということもあります。
規約でリフォームが可能かどうかを確認しましょう。
分からなければ一度、マンションの管理組合に相談してみてください。

取り付けイメージ

結局、内窓リフォームってどうなの?

室温の保温だけでなく防音効果が高いということで、北国から全国各地に広まった内窓。

その構造から防カビ、防犯効果もありますが、
最近では遮熱やUVカット機能を持ったガラスもあり
とにかく多機能、高性能になりました。

外壁の改修をせず、リフォーム工事日数も短い!

デメリットもありますが、それよりメリットや効果が上回ります。

結局、内窓っておすすめです!

内窓は寒い地方、寒い季節だけのものと無視せず、
導入を検討してみてはいかがでしょうか?

広島市内でされても効果は実感できます。

我が家にも内窓が取り付けてありますが、
防音面では驚くぐらい違いが分かります。

断熱性にも優れているので
夏場、冬場ともに光熱費の削減になり
もっと早く取り付ければ良かったと思えるはずです。

内窓リフォームのことなら、ぜひ山根木材にご相談ください!

<一部資料データ>
出典:LIXIL、YKKAPより


関連記事